牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「新日銀総裁に求められるもの」


 新日銀法第23条に「総裁及び副総裁は、両議院の同意を得て、内閣が任命する。」とあるように国会同意人事となっている。

 2003年の前回総裁人事の際は、与党が衆参両院で多数を占めていたことで、総裁人事はすんなりと両議院での同意を得られた。しかし、現在、衆院は与党が過半数を占めているものの、参院は野党が過半数を占める「ねじれ」状態となっていることで、この修正によって衆参いずれかの不同意によって人事案は白紙に戻ってしまうことになったのである。

 このため衆院で賛成されても参院で反対されれば、内閣つまり政府が任命することはできない。それによって日銀総裁が不在となる空白の期間が生じるという最悪の事態が発生してしまった。

 民主党では財政と金融の分離を主張する向きが存在しており、その考え方にも民主党内で微妙に異なっているとみられることも問題を複雑化した。重要な日銀総裁人事が政局に翻弄されたものになってしまったということ事態、日本の政治の機能不全ぶりを示しているといわざるを得ない。

 新日銀総裁となった白川方明氏にとって、今回の総裁就任はまさに「青天の霹靂」といったものではなかったろうか。5年前に武藤敏郎氏が副総裁に就任した時点で、武藤氏が次期総裁の最有力候補とみられていた。その後も武藤副総裁は福井総裁を補佐し、量的緩和政策やゼロ金利政策の解除といった大きな政策変更も大きな混乱もなく実施しており、何事もなければこのまますんなり武藤氏が次期総裁となるものと見られていた。そして、副総裁候補の一人に武藤氏を金融理論や実務面でフォローしうる白川氏が挙がっていた。

 武藤副総裁と白川副総裁というコンビは、福井氏と武藤氏と同様に強力なタッグとみられていたが、結局そういった想定は崩れ、白川氏がトップの総裁に就任することとなった。

 白川氏はトップというよりはどちらかと言えば参謀的なタイプといった見方もあるが、今後白川新総裁が日銀内部でのリーダーシップを発揮するためには、理論面や実務面とともに、政府との調整能力も求められる。しかも現在の政権がまともに日銀総裁も決められないほど混迷しているだけに、その調整にはかなりの困難を極めることも想像される。

 日銀プロパーということもあるが、白川新総裁は福井前総裁同様に金融政策における正常化路線を継承してくるとみられることで、日本の景気減速といった局面での政府からの金融緩和圧力に対し摩擦を生じさせてくる可能性といったものもある。いずれにしても白川新日銀は多難の船出となりそうである。
[PR]
by nihonkokusai | 2008-04-08 09:45 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー