牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2006年度一般会計の概算要求」

 2006年度一般会計の概算要求が財務省から発表された。総額は85兆2700億円の見込み。国債費は20兆5000億円程度(2005年度当初予算では 18兆4422億円)、財政投融資要求額は2005年度比4.8%減の16兆3200億円程度、そして財投機関債は25機関が6.8兆円の発行を想定 (2005年度予定額は5兆8806億円)。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-08-30 12:23 | 国債 | Comments(2)
Commented by 太郎 at 2005-08-31 00:39 x
 折りしも小さな政府が争点となっている時なのに概算要求は昨年以上でしたね。当事者意識と危機意識の欠如を感じます。
 牛熊さんは先物のディーラーなんですね。「改訂版マーケットサバイバル」も読ませていただきましたが共感する内容が数多くありました。
 概算要求の中に先物の税制を株式並みにするとういう記事がありましたが実現されれば個人比率も上がるかもしれませんね。株式の中には少数の者の思惑で動いているものが少なくないので為替や国債先物の方が個人向けではないかと感じます。
Commented by nihonkokusai at 2005-08-31 13:49
 同感です。増税する前に、歳出を徹底的に削る努力がまず求められますよね。
 「改訂版マーケットサバイバル」、お読みいただきありがとうございます。ずいぶん前に書いたものなので、やや内容が古いものとなってしまっています。
 ディーリングをほんとうにやりたいのなら、為替や株価指数の先物、国債先物などが適切とは思います。しかし、これがなかなかプロでも儲けられる世界でもなく、よほど感性を持った方でないと、リスクも高いため、私は個人の方にはあまりお勧めできません。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31