牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「来年度の国債発行計画について」


 来年度の国債発行計画に関しては、22日に開催された国債特別参加者会合において、理財局から次のような説明があった(議事要旨より)

「平成20年度の新規財源債については、極力抑制できるよう、努力しているところであるが、現段階で確たることは申し上げられない」

「借換債については19年度計画の99.8兆円からは減少する見込み」

「財投債については、発行額は減額の方向になると見込んでいる」

「以上より、20年度の国債発行額は、19年度予算の143.8兆円と比べて、減少するものと見込まれる」

 上記のように、税収が伸び並みとなっても、補正予算での国債増発は回避されるとともに、来年度の国債発行についても発行額は抑えられる見込みとなっている。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-11-27 09:34 | 国債 | Comments(5)
Commented by 三成21 at 2007-11-28 20:55 x
ここまで来て国債発行抑制とは・・なんと弱気な財務省主計局・・その因を辿れば、国債の内訳方法のひとつとして・・赤字国債と建設国債があるそうな・・そして、先頃は「赤字対建設=4対1」の割合とか・・これじゃあ、社会インフラなど覚束無く、経済成長どころではないとなり・・国債発行額抑制に転じたことの一要因とすれば、なんと弱気な・・と、言わざるを得ない・・経済財政諮問会議なるものが「新経済成長戦略」云々するのであれば・・大胆にあと200兆円分の国債を発行すべきだ!!・・いずれにしても・・温泉という経済成長を目指して800兆円使い800メートル掘ったが・・温泉が湧かないということで・・掘削を止めたのでは、それこそ何も成らない・・仮に、1000メートルの地下に源泉が存在するのであれば・・後200兆円文の国債を発行という借金をして200メートル掘り続けるべきだろう・・兎に角、先頃の政治屋は「度胸が無さ過ぎる・・」と思うのですが・・
Commented by nihonkokusai at 2007-11-29 16:56

 個人的には国債発行は抑えて、健全財政に向けて舵を取ってほしいです。
 現在は買い手が存在しますが、このまま発行額が増加しても、買い手がいるという保証はありません。もし買い手がいなくなれば、日銀の直接引き受けといった可能性が強まります。
 国債への信認が市場で失墜することにもなり、日本の金融市場の根幹ともいうべき国債市場が崩壊し、日本の経済システムそのものも脅かされます。
 政府ならずともそんなリスクは犯せないのではないでしょうか。
Commented by 三成21 at 2007-12-03 20:46 x
国債について極端なケースで自問自答しているのですが・・コメント願えれば幸いです。(1)少なくても、今日まで市場が国債を購入している理由は「ローリスクにして確実なるリターンを期待して・・」ということなのでしょうか?国家に協力しているからなのでしょうか?膨大な資金を他に運用する手法が無いからなのでしょうか?(2)逆に、国債を発行をゼロにすると、市場はどうなるのでしょうか?・・尚、(2)のケースは「国債発行を市場は期待している!!」と思う次第・・。いずれにしても、現状・現実・常識においては、当事者たる財務省主計局に言わせなくても「国債を発行しないことは有り得ない!」と成るのでしょうが・・、仮初にも「市場は国債を発行しなくても問題ない!」のであれば、拙者(三成21)のアイデア(ゼロ金利で最大200兆円貸し出す提案)に国が飛びつくので!?「万々歳!」なのですが・・
Commented by nihonkokusai at 2007-12-04 13:48
国債の買い手を見ると、郵貯や銀行、年金・生保さらに日銀といったように、堅実な運用をする必要がある投資家であることがわかります。「ローリスクにして確実なるリターンを期待して」いるとともに、膨大な資金を他に(安全に)運用する手法が無いことも要因とみられます。国債を発行しないとその国の債券のベンチマークがなくなってしまうので、財政黒字の国でも国債を発行している国もあるぐらいですが、これだけ残存抱えた日本では、「国債を発行しないことは有り得ない!」といった事態にはならないと思います。
 貯蓄から投資への流れが本格化すれば、安全資産から多少なりリスク資産に資金もシフトするとみられ、現在の国債主体の投資にも変化は出てくると思います。しかし今回のサブプライムの問題などで、リスク資産が敬遠されるなど、そう簡単にはシフトも難しいものもありそうですね。
Commented by 三成21 at 2007-12-04 18:54 x
ありがとうございました。やはり、間接金融の銀行が統廃合するのはやむ得ないようですね。あとは、「借換え債を発行しない」という流れと、「銀行の現預金を降ろして、当方の提唱するNPOに直接投資する」という流れを合流させれば良いと思いました。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31