牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「債券の利子」


 債券の利子は、現在は市場で形成される金利に応じて決定されています。しかし、昔は国債の金利も人為的に抑えられた時代もありました。日本では第二次大戦後、日本経済の復興のために厳格な金利規制が形づくられていました。これは各金融機関の金利を一定にすることにより、間接金融を通じての安定的な金融体制が作り上げられていたのです。

 しかし、高度成長から低成長時代への経済構造の変化に伴い、規制はむしろ金融の効率性を損なうと考えられるようになりました。海外市場ではすでに金利は自由化されていたこともあり、1970年代後半から日本でも金利の自由化が推進されたのです。

 日本での金利の自由化が推進されたひとつのきっかけが、第一次石油危機による不況の影響による国債の大量発行でした。国債を購入した民間金融機関は、国債を流通市場で売却する必要性が生じたのです。国としても大量の国債発行を円滑に行うためには、銀行などによる国債の売却を認めざるを得なくなり、国債市場が徐々に形作られてきたことで、転売価格が自由に形成されるようになり、これがひとつのきっかけで規制金利の一角が崩れたのです。

 1975年以降のコールレートや手形レートの弾力化などに伴い短期金融市場においても金利自由化が進みました。1978年にはコールレートと手形売買レートの建値制度が廃止されました。

 大量の国債発行に伴い自然発生的していた債券現先市場も発展し、企業の流動性資金を吸収する手段として、1979年には銀行にCD(譲渡性預金)の発行が認められました。また無担保コール市場が1985年に創設されています。

 預貯金金利の自由化に関しては、米国などからの圧力によって自由化が進められ、1985年にはMMC(市場金利連動型預金)が導入され、 10億円以上の大口定期預金の金利が自由化されました。1993年には定期性預金、1994年には普通預金の金利が完全に自由化されました。

 このように日本における金利の形成は、戦後から長きに渡り規制されていたのですが、国債の大量発行をきっかけとして、徐々に金利の形成は規制によるものから、市場に委ねられるものとなっていったのです。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-11-20 09:43 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー