牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2008年の債券相場予想」


時期的にやや早いものの、依頼もあったので「2008年の債券相場予想」を占ってみたい。ただ、短気ではなく短期の日計りディーラー出身ということもあって、あまり長期の予想というのは意味がないと見ているが、それなりにシナリオを考えておくのも大事かもしれない。しかし、その結果が仮に当たろうが外れようが、それは見通しが良かったわけでも甘かったわけでもなく、たまたまそうなったというのが現実の相場である。1年後の相場は途中経過を含めて見通すことは、たぶん神様でも無理があろう。

 かなり言い訳じみた冒頭となってしまったが、なにはともあれ、来年に注意すべきイベントを列挙してみたい。日本国内では、まず衆院解散総選挙の可能性が指摘されている。ねじれ国会が何らかの形で解消されるのかどうか。ただし、この解散総選挙の時期については、2008年7月7日から開催される洞爺湖サミット後との見方も出ているがかなり流動的である。その洞爺湖サミットも大きなイベントとなる。

 直接相場への影響は限られるものの、2008年3月19日に任期満了となる日銀の福井総裁の後任人事の行方もやや気がかり材料となっている。これについては、13日に民主党の小沢代表が武藤副総裁の日銀総裁昇格について「100%ノーではない」と微妙な発言もしており、やや流動的ながらも武藤副総裁の総裁昇格の可能性が現状では最も高いとみている。

 日本経済の行方を占う上で、目先最も注目されるのが、米サブプライムローン問題による米国経済への影響であろう。欧米の金融機関の損失額もまだはっきりしない部分もあるが、2007年末までにはある程度、そういった損失もはっきりしよう。これによる米個人消費などの影響については見方は分かれるものの、米バーナンキFRB議長は8日、上下両院合同経済委員会で証言し米国の経済成長は10―12月期にかなり減速し、来年春まで停滞するとの見通しを示しており、それをメーンシナリオとしておく。

 その米国の大きなイベントとしては、2008年11月にスタートする大統領選挙がある。サブプライム問題の影響が後退してくれば、外為市場などを含めてこの米国大統領選挙の行方が焦点となろう。この結果についても、ヒラリー・クリントン氏優位といったことも伝えられているが現状予測は難しい。

 すでに世界経済における米国経済の影響はかなり後退しており、その反面、中国やインドといった新興国市場の経済成長が支えているといった構図にも当分変化はないとみられるが、ここで注意したいのが、2008年8月8日に開催される北京オリンピックである。これに向けて国内でも液晶テレビの普及ピッチが早まるといった個人消費に対しての期待もある。しかし、なんといっても個人的な見通しとして、北京オリンピックまでは中国の高い経済成長は続くとずっと見ていただけに、その後がやや気になる。日本の東京オリンピック後の不況と同様のことは起こらず、まだ高度成長は続くとの見方もあるが、いったん中国経済成長が息切れする可能性もある。

 以上、2008年に注目すべきイベントとして、日本では衆院解散総選挙、日銀総裁人事、洞爺湖サミットがあり、海外では米国大統領選挙、北京オリンピックなどが挙げられる。経済動向としては春先あたりまで、米サブプライム問題の影響が燻る可能性がある。

 2007年の長期金利の動向を簡単に振り返ってみると、1.695%とほぼ1.7%近くで今年の長期金利はスタートし、その後、2月の日銀による政策金利の0.25%から0.5%への追加利上げを経て、6月には一時1.985%まで利回りが上昇した。これは米長期金利の上昇といったものが背景にあったが、その後は米サブプライムローン問題が深刻化し、11月に入って長期金利は1.5%を割り込み、今年の最低利回りをつけてきた。

 今年の長期金利が日銀の追加利上げがあったにも関わらず、2%にも届かなかった背景のひとつは物価の低迷であろう。今年に入っての消費者物価指数(生鮮食料品を除く)の前年同月比は、1月が0.0%となったが、2月-0.1%、3月-0.3%、そして4月以降は9月まで-0.1%が続いている。ただし、10月以降は原油価格の上昇などもあり徐々に前年同月比プラスとなると見込まれている。日銀の展望レポートによると、2008年度のCPI 予想は、前年同月比+0.4%となっているが、物価上昇圧力も次第に強まっているだけにその程度のプラスとなる可能性は高いとみているが、大きく物価が跳ね上がるような環境でもないことも確かか。

 2008年の日本経済見通しも予想は難しいものの、日銀の展望レポートによる2008年度のGDP見通し2.1%近くの成長は見込まれるかと思われる。ただし、北京オリンピックの終了後から米大統領選挙などに向けての時期には、中国と米国経済環境に変化が出ている可能性があることで注意したい。

 以上のことから、現状での2008年長期金利は、とりあえず1.5%から2.5%あたりの予想としてみたい。日銀による利上げは、今後3月までに1回、その後年末までにもう一回程度実施される可能性があるとみている。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-11-14 10:45 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー