牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日本の利息の起源」


 「出挙」(すいこ)という言葉を聞いて、日本史の教科書を思い出す方もいるかと思います。貯蔵した初穂の稲を春に種籾として貸し出して、秋の収穫時に神へのお礼として五把の稲を利息の名目でお返しするという「出挙」は日本における利子の起源であり、金融の起源とも言われています。中国では古くからこういった利子付き貸借の慣習が存在したとされていますが、日本でも同様の慣習が行なわれていたとみられれています。実際に文献などでは、日本書紀に「貸稲」の語が登場し、これが出挙の前身ではないかとの見方もあるようですが、実際には757年に施行された養老令において「出挙」の語が現れ、これが制度化された日本の利息の起源だと見なされているようです。

 出挙という制度のそもそもの目的は、農民の生活を維持していくためのひとつの手段でした。出挙には国司が官稲を用いて行う公出挙と、個人が行う私出挙とがありました。律令制のもと、出挙は公出挙であれば、繁雑な事務を行わなくとも、強制的な公出挙を行うことで、多額の収入を確保することができたことなどから、国家の重要な財源となっていったことでのです。利息に当たる雑税のことは「利稲」と呼ばれていましたが、その利息は一般に公出挙で 50%という高い利息だったのです。

 平安時代末期には、借上と呼ばれる銭を貸して高利の利息をとる主として僧侶が営む専門の金融業者が現れました。そして、鎌倉時代になると土倉と呼ばれる質屋が借上に代わって金融業者の主流を占めるようになりました。

 鎌倉時代の末期からいわゆる南北朝時代にかけては、中国大陸から銭貨が大量に入り、それが社会に広く流通しはじめたことから、稲の出挙ではなく、金銭の出挙といったものも行なわれるようになったようです。

 室町時代に入ると、土倉は不特定多数の人々から利子付きでお金を集め、これを原資として貸付を行う合銭や、現在の為替に相当する替銭にも従事するようになり、土倉は預金、貸付および為替業務を営むまさに現在の銀行のような役割を持っていたのです。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-10-17 14:40 | 投資 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー