牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「夏の光」


 毎朝、つくばエクスプレスに乗りながら、FM放送を聞くのが日課になっている。今朝、J-WAVEの朝の番組「WAKE UP TOKYO」を聞いていて、2度びっくりした。ひとつが、今週の「Power Your Mornig」のゲストが、知り合いのマネックス・ユニバーシティ代表取締役の内藤忍氏であったこと。昨日、一昨日とこの番組をたまたま聞いていなかったため気が付くのが遅れた。金曜日までしっかり聞きますので。ラジオだと少し声のイメージが違ったような。

 そして、この番組でもう一人、聞いたことのある名前が出てきたのである。「POP UP」と言うコーナーで、本の雑誌「ダヴィンチ」編集長の横里隆さんが、今月オススメの1冊をご紹介するもので、聞いたことがあったのはその本の作者名であった。

 本の題名は「夏の光」。二十数年ぶりに会った証券アナリストと新聞記者、そして一人の女性の物語だそうである。横里隆さん絶賛で、いずれ映画にもなるのではないかというほどの感動作だとか。しかし、気になったのは「田村まさゆき」という作者名。しかも、この本を読むと国債などを通じて経済の理解も進むとのコメントもあった。作者は経済担当の新聞記者なのだそうである。ということはもしや、あの日経新聞の田村正之さんなのか。

 早速、ネットで調べてみたところポプラ社から今月出版された「夏の光」の作者は、田村優之氏。しかし、さらにネットで検索してみたところ田村優之というのはペンネームで、本名は田村正之とあった。間違いなく日経新聞の田村正之さんであった。何度か取材を受けたこともありながら、田村さんが小説を書いていたことは知らなかった。しかも「ゆらゆらと浮かんで消えていく王国に」という作品では開高健賞を受賞されていた。

 昨年、確か田村さんに直接取材を受けたと記憶しているが、その際は記事に関連した国債のことであったと思う。しかし、もしかすると小説の取材も兼ねていらしたのか。多少でも、私も関わりを持っていたとしたら、うれしい限り。書店に駆け込んで探すよりも確実と、本日アマゾンで「夏の光」をクリックした。読んでみての感想はのちほどアップさせていただきたい。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-07-11 13:38 | 国債 | Comments(2)
Commented by 田村です at 2007-07-13 09:29 x
おひさです。
コメント書いてくださり、&しかもお買い上げくださり、ありがとうございます。
自分では「名作」と思っているのですが(笑)
さていかがでしたでしょうか…
Commented by nihonkokusai at 2007-07-13 10:28
なんと、なんと
田村さんご本人も、このブログを読んでいただいていたのですね。
コメント書き込み、ありがとうございます。

本日中にも本が家に届くと思いますので、
連休中に読ませていただきます。
読むのがとても楽しみです。
感想は来週早々にも、アップさせていただきたいと思います。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー