牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「流れを読む」

 本日、ワールドカップアジア最終予選、最終節イラン戦が行われる。私自身サッカーは体育の授業でしか経験はないため、本格的な試合でピッチに立って行方を見るといったことはしたことがない。サッカーのように広い場所で、しかも選手やボールの移動速度が速いとその位置を把握するのが状況によっては困難になると思われる。テレビ観戦していれば常に上からカメラがボールを追っているため、確認は容易だが、選手達にとっては三次元空間というより二次元の空間にいる感じに近いものと思われる。

 そのような状況でボールの位置を確認するため、あるブラジルの選手が行っていたといわれるのが、観客の視線を確認することであったという。記憶が確かならば、その選手とはペレで、それを指摘していたのがジーコであったと思う。観客の視線までもボールの位置確認の武器として利用するというのはいかにもプロらしいと思われる。そもそもプロでなければそれほど観客も入っていないとも思われるが。

 債券相場の流れを読む上でも、ただ単に先物や現物の値動きを追うばかりでなく、市場参加者の視線がどこを向いているのかといったものをしっかり認識しなければならない。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-08-17 13:37 | 債券市場 | Comments(2)
Commented by 太郎 at 2005-08-17 23:51 x
 こんにちは。民主党のマニフェストに郵貯上限がありましたがそういう問題なの?と問い詰めたくなりました。ほりえもん擁立もいかがなもなかとは思いますが・・・
 じつは弘明寺に住んで金沢八景の学校に通っていた時期がありまして、江ノ島とか茨城とか含めた地政学的な要素も牛熊さんのブログに引かれる原因です。
 現市長に目を付けられているその学校でラグビーをしてた頃、鳥の目になれという指導された事がありましたが、これも夜道の見えない鳥目になれという訳ではくて、牛熊さんが主張された点と一緒なんでしょうね。
 株式の次に為替をはじめてからはドル(USD)建ての日経平均のチャートをつけるようにしています。「日本国債の歴史」を見て現物の外国人保有率は低いことを理解しましたが先物の売買高に占める割合はどれくらいなんでしょうか?
Commented by nihonkokusai at 2005-08-18 09:01
太郎様

なんと金沢区つながりもあったのですか。あらためてよろしくお願いいたします。そして、「鳥の目」・・・いい表現ですね。

先物の場合、保有比率というより売買比率が東証で公開されていますので、下記ページをご参照ください。ちなみに、外国人投資家の占める比率は2004年度全体で約30%、直近では5月30.82、6月41.80%、7月32.56%となっています。

http://www.tse.or.jp/data/exotic/sector/index.html
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー