牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「債券売買高が1京円を超える」


 日経新聞は一面で2006年の債券売買高が1京円台に乗せたことを伝えた。1987年にも1京円に迫ったことがあった。当時債券ディーラーであったこともあり、1京円に迫るとはなんてすごいことなのだと感激していた。すでに償還され、伝説ともなっている89回10年国債主体の債券ディーリング相場を体験した人も、ずいぶん少なくなってしまったような気もする。

 しかし、今回はあまり感慨も当時に比べて少ない。新聞の取り扱いも1面とはいえ小さい。当時のような値動きの激しいディーリング相場は終焉しており、投資家主導の相場となっているためであろうか。先物もその4割が海外投資家、いわゆるヘッジファンドなどが主体の売買を行っており、国内金融機関による切った張ったの世界ではなくなっている。それでも兆という単位を超えて京の単位まで到達したことも確かである。それほどの売買が大きなトラブルもなくスムーズに行われているという事実も、それだけマーケットが整備されているということであろうか。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-02-19 17:12 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー