牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

牛さん熊さんの本日の債券


熊「日銀の国債買入の結果などもあまり影響はなく」
牛「15年変国入札結果も予想をやや下回ってもあまり影響はなく」
熊「初雪前に春一番吹いても影響はなく」
牛「債券相場はまるで地方の駅前のような状態に」
熊「こらこら、いくらなんでもシャッター街とまではいかないだろう」
牛「市場参加者はじっと黙って日銀の方を見ているんやろうか」
熊「10-12月期のGDPは予想よりは良かった」
牛「個人消費もとりあえず7-9月期が一時的落ち込みであったことは確認」
熊「基調としては本当に緩やかながらも回復基調は続いている」
牛「ということで、日銀は来週の決定会合に向けてどうするのか」
熊「これまで静かだったマスコミも少しざわざわし始めた」
牛「自民党の政調会長にもマイクが向けられたものとみられ」
熊「1月の状況とあまり変っていないという認識は持っていると中川昭一氏」
牛「予想通りの利上げ牽制発言に、もう一人の中川氏はどうしたんや」
熊「大田さんも尾身さん、さらに塩崎さんも日銀の金融政策はあらためて日銀の専管事項と発言」
牛「これで議決延期請求権の行使はないと決め付けるのも早計か」.
熊「ロイター調査による緊急アンケートでは2月の利上げ予想が49人中24人となっていたとか」
牛「過去の数字ではあるものの、とりあえず10-12月がしっかりであったことで」
熊「日銀は今回こそ動くのかとの市場予想も増えたのだろうか」
牛「その日銀やけど、春審議委員は2月8日の会見で、7-9月GDPなどに絡んで」
熊「今後の消費の先行きについて私どもなりに点検したうえで、金利を調整していくと発言していた」
牛「さらにブルームバーグの記事によると」
熊「福間審議委員はGDPの高成長で世間的な理解を得られると判断する公算が大きいというのもあった」
牛「前回1月の会合の結果は総裁を除くと、3対5だったけどこれが微妙に変る可能性もあるんかなあ」
熊「ブルームバーグの記事では、日銀内では仮に正副総裁の票が割れても構わない、という声が強まっているとも」
牛「福井総裁も、会見で、例えば4対4というケースもあり得るわけで、そのときには最終的に議長が決めるということになっていますとも」
熊「日銀法にも、委員会の議事は出席した委員の過半数をもって決する。可否同数のときは、議長が決するとある」
牛「仮に執行部の票が割れたとしても、日銀が追加利上げを決定する可能性は確かにありうるか」
熊「しかしそれはそれで、大きな意味を持つ出来事ともなるが」
猫「ここでいろいろ想像してもしょうがないでしょう」
熊「市場参加者もとりあえず決定会合待ちとなっているのは確かなんじゃねえかな」
猫「それで作者さんはどっち派なの」
牛「もしかするともしかすると言っている、ってどっちなんや」
[PR]
by nihonkokusai | 2007-02-15 16:36 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31