牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「日本国債の新たな買い手」


 日本国債の買い手のうち海外や国内個人の比率が低いと言われていたが、財務省の努力もあり、徐々にではあるが比率が伸びてきている。私が自分で日銀の資金循環統計から日本国債の国債所有別内訳を算出し始めたのが2002年9月時点からであるが、このときは海外3.7%、家計(個人)2.6%であった。そして直近のデータは2006年9月の海外5.1%、家計(個人)4.5%である。これを金額でみると2002年9月時点で海外184,875億円、家計(個人)130,845億円に対して、2006年9月では海外344,465億円、家計(個人)300,435億円である。2002年9月時点から2006年 9月までの間に、家計はまさに倍以上の増加となっている。海外も倍まではいかないもののそれに近い増加であった。

 そして、昔からの知り合いの方に面白い情報をいただいた。韓国の資産家たちが日本国債の買いに走っているそうなのである。内容については、こちらのページ「日本国債」買いに走る韓国の資産家たちを参照していただきたい。韓国では債券利子に対しては15.4%の利子所得税が掛かるが、為替差益に対しては課税されない点をうまく利用してももののようである。こんな日本国債の買い手もいたとは。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-02-02 13:08 | 国債 | Comments(2)
Commented by 貧乏人 at 2007-02-02 22:31 x
かつてアメリカの財政赤字を日本の米国債買いで補っていたのが、
日本の財政赤字を韓国からの債権買いで補っているかのような。
ただの順送りなのか?日本がアメリカ並みにグローバル化してき
た証なのか?
もっとも、韓国の税制が変わればすぐ見放されてしまう危惧も。
BTW、日本国債がサムライ債に対して韓国の外債は?
まさかキムチ債、、?
Commented by nihonkokusai at 2007-02-05 14:06

日本国債の発行残高が平成18年末で542兆円(普通国債の額面ベース)もあるので、なかなか買い占めるのは難しいかと・・・。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー