牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

 「無線LAN奮闘記」


 昨年末は部屋の大移動もあり、これまでバッファロー製の無線LAN(WHR-HP-G54) のルーターから直接有線で繋いでいた自分のパソコンを移動しなければならなくなった。やはり石丸電気でUSBで使える安い無線LANのアダプター (corega製CG-WLUSB2GL)を購入したのだが、なぜか付属のソフトがパソコンでうまく作動しない。しかたなく長めのLANケーブルを買ってきてパソコンに有線で繋ぎなおしてネットで調査した。同じような症状で困った例がないかあちこち探したのだが、なかなか良い対処方法が見つからない。これが大晦日の夕方。

 原因はWindows XPに本来備わっているはずの無線LAN仕様による接続ができないことであった。USBコネクターについている専用ソフトをインストールしても、パソコン画面の右下にあるタスクバーに無線LANの受信を示すアンテナが表示されないのである。ネット上で検索を続けているうちに、無線LANの本体であるバッファローから提供されているソフトがどうも原因であるらしいことがわかった。さらにバッファローのホームページを探ってみると「クライアントマネージャー」というソフトが見つかった。他社の無線LAN内蔵パソコンでも無線LAN設定「AOSS」が使えるようになるソフトであり、無償でもあったことで一応ダウンロードしておいた。

 元日の朝。念の為と削除していなかったバッファローのAOSSのソフトをまずパソコンから「プログラムの追加と削除」を使って削除した。まさに背水の陣。その上でUSBアダプターのソフトをインストールしたが、やはりPCにはアンテナ表示はされない。最悪の事態。しかし、USBアダプターを接続するとPC画面で認識プログラムが作動した。もしかするとと思い、USBアダプターのソフトが入っているCDを入れてみると、アダプターをパソコンに認識させることに成功した。少し前進。

 しかし、USBアダプターのソフトはやはり使えない。AOSSソフトは削除したとはいえ何か干渉している可能性がある。それではとUSB アダプターのソフトをまたアンインストールした上で、AOSSが使えるバッファロー製のソフトで他社の無線LAN内蔵パソコンでも使えるという「クライアントマネージャー」をインストールしてみた。何のことはない、あっさりとAOSS接続画面が出てきた。そのまま設定をしたところ何の問題もなく認識したのである。タスクバーに無線LANの受信を示すアンテナもしっかりと表示された。大晦日の夕方から元日の昼にかけての無線LANの格闘劇はこれにて終了した。

 ここでバッファローの「クライアントマネージャー」の注意書きを見たところ、「他社製の無線LANユーティリティと同時使用できません。」「WindowsXPへインストールすると、WindowsXP標準の無線ユーティリティが使用できなくなります。」「AirSupplicant との同時使用はできません。」とあった。どうもこのあたりに謎というか原因があったのではないかとも思う。もし「クライアントマネージャー」を使う際には無線LANがバッファロー製のAOSS対応に限るという点にも注意してほしい。

 もしかするともっと良い方法があったのかもしれないが、とにかく一台のパソコンにおける有線LANから無線LANへの移行に苦労の末に成功した。ノートパソコンやDSliteやWiiの接続はAOSSで一発で繋がり、iPAQも暗号化コードを入力することですぐに繋がったにも関わらず、最も頻繁に使っているパソコンを無線LANに接続するためにこれほど苦労するとは思いもしなかった。ちなみにAOSSの設定の変更等については、我が家では家人が主に使っている小型ノートパソコンからAOSSが別途操作できるため支障はないが、上記の接続ではAOSS本体設定の変更が可能かどうかわからないため注意してほしい。もし同じような症状で困っている方がいたらとも思い、少し詳しく状況を書き残した次第。
[PR]
by nihonkokusai | 2007-01-05 14:48 | 趣味関心 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー