牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2006年9月末現在の国債保有者別残高(レポート原稿)」


 12月18日に2006年7~9月資金循環勘定速報が日銀から発表された。これによると9月末時点の家計の金融資産は1495兆0139億円となり、 1500兆円を今回も下回った。この家計のうち国債は30兆0439億円と順調に増加しており、株式は106兆5053億円(6月末111兆3652億円)と6月比減少となった。9月末の日経平均は16172円58銭であり、6月末の15505円18銭よりも上昇していたが、この期間、個人は株式投資には慎重となっていたことが伺える。また、投資信託は59兆6818億円となり6月末の55兆7576億円よりも増加となった。

 この資金循環勘定速報をもとにして、2006年9月末現在日本における国債所有別内訳を算出してみた。全体では2006年9月末の国債残高(時価ベース)は675兆0991億円となり、6月末に比べて15兆9855億円の増加となった。

 保有者別で最も残存が大きかったのは6月末に続いて郵便貯金となっている。金額は133兆6929億円で19.8%のシェア、6月末に比べて6兆3533億円の増加である。続くのが銀行主体の民間預金取扱機関で122兆0007億円。シェアは18.1%、こちらも6月末に比べて6兆5971億円の増加となっている。7月にゼロ金利政策が解除されたが、利上げにむけて買い手控えていた銀行などが、利上げ後にむしろ積極的に国債を買っていた様子がこれからも伺える。

 民間の保険年金は85兆7023億円、シェア12.7%、2兆3312億円増。日本銀行は77兆0300億円、11.4%、引き続き残高は2兆1441億円もの減少となっている。簡易保険、59兆7575億円、8.9%、2兆3984億円の増加。公的年金、58兆0306億円、8.6%、 1兆7634億円減。

 そして海外は34兆4465億円、5.1%、こちらは1兆1863億円の減となった。ゼロ金利解除が意識されてやや投資を手控えたのであろうか。続く財政融資資金が31兆5309億円、4.7%、2兆8467億円の減。

 家計は前述のように30兆0435億円と30兆円を突破し、シェアも4.5%に上昇している。残高は6月比2兆1537億円の増。7月発行の個人向け国債が2兆円を超した影響が大きい。

 投信など金融仲介機関が22兆6524億円、3.4%、4兆3173億円増加。その他、20兆2118億円、3.0%、2250億円減となっている。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-12-19 10:28 | 国債 | Comments(1)
Commented by kabuoonブログランキング at 2006-12-20 01:01 x
新しく投資専門のブログランキングはオープンいたしました。オープンしたばかりですので、ランキング上位も狙えます。株、外貨という金融商品カテゴリだけではなく、会社員・トレーダー・OLなどのプロフィール別ランキングも好評です。是非、ご登録いただけますようお願いいたします! http://www.kabuoon.com/ranking/
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー