牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2007年度予算の財務省原案」


 財務省は17日、2007年度予算の財務省原案の大枠を固めたと読売新聞などが報じている。正式の発表は20日の予定、この日に2007年度の国債発行計画も発表される見通しである。一般会計の総額は今年度当初予算の79.7兆円より2兆円以上多い82兆円台半ばとする方針で、一般会計の増額と総額が80兆円を超すのは、2年ぶりとなる。一般歳出は47兆円台前半で、こちらは3年ぶりの増加となる。ちなみに国債費は、前年度より1兆円程度多い20兆円程度を見込んでいるようである。歳入では税収見通しを前年度より7.5兆円程度も多い53.5兆円程度とする見込み。この増額幅は1990年度の7兆円を超え過去最大となるとか。新規財源債発行額は過去最大の減額を行うことが首相から指示されており、25.5兆円以下に抑制される見込みとなっている。

 また、本日の日経新聞が伝えたところによると2007年度の予算編成に関連し、財政投融資計画は総額で今年度から1兆円程度減らし14兆円前後にする見込みのようである。15兆円を割り込むのは1978年度以来の実に29年ぶりになるとか。これまでの分も含めた残高では来年度末は1年前に比べて1割減の250兆円程度の見込みでこちらは1991年以来の16年ぶりに低い水準となるようである。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-12-18 12:32 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー