牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「流れはリニューアル自民党か」

 衆院が解散し、9月11日が投票日と決まった。各マスコミの論調は予想以上に小泉自民党への期待を強めているように思われる。流れは小泉新自民党にある。金融市場関係者においても小泉改革支持派が多いようである。これはたしかに市場関係者にとって市場化の必要性は身を持って感じているためであろう。

 国民の声は改革を望んでいるものと思われる。仮に今回の選挙で小泉自民党が勝った場合、小泉さんの後継者がもし改革派でなければ、国民が納得しないであろう。そして、すでに人事などでも透明性を強めた結果、それを元の密室人事などに戻すことなども誰も納得できないはずである。自民党が今回の選挙で勝ったならば、政権維持のためには改革への意欲をさらに高めてもらわなければいけない。

 ただし数の上では、小泉自民党もなかなか厳しい状況に変わりはない。民主党が政権を握る可能性もありうる。しかし、国民の過半数以上が郵政民営化を支持している以上、内容はともあれ、それに民主党が反対していたことは不利に働くものとも見られる。そして民主党にももっとしっかりと現実的な改革路線を主張してほしいものである。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-08-09 13:19 | 国債 | Comments(2)
Commented by 太郎 at 2005-08-10 00:09 x
歳出削減を謳う民主党ですが詳細で具体的なプランニングが出来るならいいんですが・・・それで政権を取ってもそれこそ未来の造反続出のような気がします。
Commented by nihonkokusai at 2005-08-10 10:08
太郎さん、私も同意です。3年間で10兆円というのも具体性がないように思えるのですが。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー