「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「米FOMC、利上げ見送り」


 米連邦準備理事会は8日開いた米連邦公開市場委員会において、短期金利の指標であるフェデラルファンド金利の誘導目標値をこれまでの年5.25%に据え置くことを、賛成多数で決定した。反対票は0.25%の追加利上げを求めたリッチモンド連銀のラッカー総裁。また、公定歩合も現行の6.25%に据え置いた。

 米連邦準備理事会は2004年6月から2006年6月にかけて0.25%刻みの利上げを17回連続で実施し、フェデラルファンド金利の誘導目標を1%から5.25%まで引き上げ。、今回この約2年に及んだ金融引き締めを休止した。これは米景気の減速懸念が強まっているためとみられる。

 ただし、米連邦公開市場委員会終了後に発表した声明文には、下記のように

 Nonetheless, the Committee judges that some inflation risks remain. The extent and timing of any additional firming that may be needed to address these risks will depend on the evolution of the outlook for both inflation and economic growth,as implied by incoming information

 インフレ圧力が残るとも指摘していたことで、次回の9月以降の利上げ再開に含みを残したかたちとなった。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-08-10 13:05 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー