牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「電子マネー」


 「電子マネー」と聞くと何を思い浮かべるでしょうか。辞書などで調べてみると、現金の代わりにコンピューター-ネットワーク上や IC カードを利用して決済することとなっています。インターネット上での決済やEdyやSuicaといったことを指していると思います。コンピューターなどデジタル技術の発達に伴い、以前では考えられなかったような取引がいろいろと行われるようになりました。

 金融に関係する業界はこのコンピューターとそのネットワーク技術によって革新的な変貌を遂げました。現在は現金の預け入れや引き出しが可能なATMが銀行の本支店だけでなくコンビニになどにも設置されています。預金の管理や振込みといったものもインターネットや携帯電話を通じて行うことができます。また、証券取引といったもののもいち早く電子化され、たとえば東京証券取引所では現在コンピューターを通じての株式などの取引が行われています。さらに企業や銀行との決済なども電子上で行われ、日銀と銀行との取引も日銀ネットと呼ばれる端末を介して行われています。

 クレジットカードを通じた取引は以前からも行われていましたが、EdyやSuicaといったカードを通じた取引も普及しています。これを日銀の研究会などでは「ストアドバリュー型商品」といった呼び方をしています。「現・預金と引換えに発行された電子的な情報である金銭的価値を資金の保有者自身が管理するIC カードやパソコン上のソフトウエアに蓄えておき、財・サービスの購入時にこれを相手方に引渡す、またはこれを書き換えることによって電子的に決済を行う」というサービスと定義されています。

 また、インターネットショッピングといったものは、インターネット等のネットワークを用いて支払を指示し電子的に決済を行う「アクセス型商品」として別途定義しています。

 こういったサービスが金融の流れにどのような変化をもたらせていくのかは、まだ普及が本格化したばかりであり、さらにまだまだ小額の取引が主体となっているため、現金通貨に及ぼす影響は限られています。しかし、今後はこういった電子マネーや電子取引がさらに拡大することが考えられる上、これまでに考えられなかったような手法が突然現れてくるといったことも考えられるのです。

 そのひとつの例が、大手家電販売店などから始まったといわれるポイントカードです。航空会社でのマイレージといったものもこれに含まれるでしょう。扱えるところが限られていることで、地域通貨のひとつと認識されていますが、これがIC カードなどと提携することによって、ポイントそのものが現金に近い性格のものとなってくる可能性があります。

 さらにオンラインゲームの世界では、リアルマネートレードと言われる取引が問題視されています。これはゲームという架空の世界の通貨やアイテムを現実世界の現金で取引することでなのです。デジタルの世界においてはこれまでのアナログ社会とは金融のあり方まで変化させてしまう可能性もあります。通貨の保管や交換という役割においてはこの電子化はとても使い勝手の良いものと言えるのです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-07-27 14:19 | 投資 | Comments(1)
Commented by 三成21 at 2008-04-22 03:52 x
最近、食後にソファーでTVやVTR見ながらいつの間にかZzzz・・気付くのはTVも電気も消された1時過ぎ・・起き出してブログ検索の繰り返し・・本日は此処にコメントして復寝よう。

電子マネーの特許はシティーバンクが登録しており、いずれ、特許使用料を請求しえくるのでは・・
経済産業省はポイントの半額を円で保証するシステムを考えているとか・・
地域通貨は総務省の関係の様ですが・・
日銀は信用力があれば取引は円でなくても構わない!というスタンスと思うのですが・・

いずれにしても、国内では「日本銀行券が機軸通貨」と理解すれば良いのでしょうか?

(含む「深夜にコメントの言い訳」)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー