「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「長期金利の市場機能回復」

 日銀による量的緩和政策は、ある意味金利の振動を止まらせた状態、つまり金利を絶対零度に押さえ込む異常とも思える政策であった。これを受けて長期金利の振幅は限られ、どれほどの国債が供給されようが、それは吸収され続け、所謂好需給という環境を形成してきた。しかし、長期金利は本来、ある程度の振幅を繰り返しながら、その居所を調整していくものである。そして、それは本来、日本経済や物価動向を先読みして動くものであるはずが、日銀の量的緩和政策によって押さえ込まれ、むしろ遅行指数と指摘されるようにすらなっている。

 デフレが悪化し日本経済にとって回復の兆しがない状態となれば、金利を絶対零度に押さえ込んでも、デフレ解消と景気回復を図ることは許されるかもしれない。しかし、日本経済が本当の意味でのリストラクチャリング(再構築)が進み、体力を強化した企業も米国や中国経済の影響などを受けて攻めの姿勢に転じている。これが雇用にまで影響するようになり、個人消費も予想以上の回復を見せている。企業によってはソニーのように戦略の失敗から業績回復が遅れているところもあるが、それが日本経済の足枷になるとも思えない。

 これまで、勝ち組や負け組との表現が良く使われていたが、これは特に負け組を意識したものであった。しかし、ここにきて注目されるようになったのは勝ち組である。リストラを進め、世界経済の回復基調に乗れた企業の中では過去最大級の業績を出しているところも多い。

 競争激化により価格転嫁が進行せず、特に消費者物価指数の上昇は抑えられてきた。消費者の中でも格差の広がりが生じ、希望格差社会なる言葉も流行していた。ニートや少子化といった問題が日本経済の回復を妨げるとの見方もある。しかし、市場化の進行はある程度の格差を生じさせることはいたしかたない。個人も自己責任能力を強め、負け組に入らない努力が求められる。反面、勝ち組による消費などが全体の消費を底上げさせる力をも持つようにもなる。米国社会などが良い事例ともなろう。

 このように日本経済も姿を変えて、回復の兆しを強めるとともに物価に上昇圧力がかかりつつある。日銀も絶対零度に押さえ込んだ冷却装置の解除スイッチを押すタイミングを見計らっている。長期金利も徐々に市場機能を回復しつつあるように見える。

 長期金利の市場機能が回復するとなれば、ある程度の価格の乱高下は避けられない。巨額の国債残高を抱えた上での長期金利の市場機能の回復は市場関係者にとっても未体験ともなる。今後の長期金利の動きには細心の注意も求められよう。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-08-03 13:14 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー