牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「補完貸付制度の基準金利」


 日銀は7月14日にゼロ金利政策を解除し、無担保コールレートの誘導目標値はゼロ%から0.25%に引き上げられ即日実施された。これと同時に「補完貸付制度」の基準金利も引き上げが実施され、0.1%から0.4%となりこちらも即日実施となった。

 日銀の福井総裁は14日の記者会見において、この公定歩合という呼び方を「お蔵入りさせたい」と発言したことから、今後は公定歩合という言葉が消える可能性が出てきた。福井総裁は会見などにおいても正式名称の、「補完貸付制度」の基準金利と繰り返した。

 補完貸付制度の基準金利は、0.5%との予想が高かったが、結局6対3の賛成多数で0.4%となった。事前のマスコミ報道でも、0.4~0.5%といった表現がなされていたことで0.4%か0.5%かというのは微妙なところであったこともうかがえる。最終的に福井総裁が0.4%で議長提案したが、ゼロ金利解除については全員一致だったにもかかわらず、こちらは6対3の賛成多数での決定となっていた。

 日銀の福井総裁は会見において、この0.4%は「座りが悪い」とか「コール誘導目標から0.15%は異例に狭い」との表現をしていたことも伝えられており、本来ならば0.5%にしたいところを何がしかの理由によって0.4%となったものとみられる。

 その後の総裁会見で反対者3名が0.5%の引き上げを主張していたことが伝わった。14日のゼロ金利解除発表直後にアップした「若き知」に書いた中での、反対者はあくまで憶測ではあるが、それほど外してはいないと思われる。さらに翌日の日経新聞が伝えるところによると、この0.4%というのは、やはり政府側の要求していたものであった。国債の買い切り継続とともに、連続的な利上げをしないことなどが政府側から要求されていたとも報じられており、補完貸付制度の基準金利についても結果として0.4%と政府側の要求に配慮したかたちとなったものとみられる。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-07-19 10:37 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31