牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「政府・与党の歳出削減案」


 政府・与党は26日に、国と地方の財政を健全化する歳出・歳入一体改革の柱として、今後5年にわたる歳出削減案を決定した。2011年度までにプライマリーバランスを黒字化するため、11兆4000億から14兆3000億円の歳出削減を実施する見込みである。約3兆円の幅を持たせたのは、景気の変動に対応できるようにしておくためとの説明だとか。

 プライマリーバランスの黒字化に必要なのは16兆5000億円程度と試算されており、そのうちの7割以上を歳出削減で賄い、残りの2兆から5兆円は増税などで穴埋めする見込みとなっている。

 財務省ではなく政府・与党主導でまとめられたこの歳出削減案は来年度予算編成のための概算要求基準、いわゆるシーリングの土台となる見通しということで、これはある意味画期的なものでもある。

 財務省が発表した2006年3月末現在の「国債及び借入金現在高」によると内国債の残高は670兆5,794億円となり、これに借入金などを加えた合計は827兆4,805億円にも上る。まずは増税よりも歳出削減ありき、というこの党の姿勢はまずは評価すべきところではある。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-06-27 12:08 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31