牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「公的部門のリストラ」

 福井日銀総裁は会見などを通じて、郵政民営化について「今後の大きな課題である公的部門のリストラの最初の出発点」と位置づけた。これまで行われてきたのは民間部門におけるリストラである。これまで行われていた小泉改革は、無駄な公共投資などの拡大を抑えることであった。これからは公的部門のリストラが大きな課題である。

 福井総裁が総裁に就任当初から積極的な当座預金残高を引き上げた際にも、決して実施しなかったことがある。それは日本国債の日銀による買切りの増額であった。もし買い切り増まで実施してしまえば、日銀は泥沼のように財政問題に組み込まれてしまい、抜けるに抜けられなくなる。総裁が交代してもさらに国債買い切りを増加し続ければ、いずれその額を減額するなりすることは非常に困難になることは明らかである。ある意味、当座預金残高の引き下げは量的緩和解除に向けて一気に引き下げることも可能だが、その際に国債の買い切りを減額することには財務省などが抵抗してくることも確かであろう。

 今後の日本という国を立て直すためには公共部門のリストラが必須であると私も思う。郵政民営化に対してあれだけ反対があるということは、それだけ既得権益に甘え固執したいと人達がいるということでもあろう。そういったところに大きなメスを入れなければ、これだけの国の債務問題など解決は図れない。以前にも指摘したが、財投債という国債がすでに国債残高の大きなシェアを占めていることなど、我々ももう少し認識すべき問題と思われる。

 本格的な公的部門のリストラを実施せずに、安易に増税などしてもらいたくない。しかも取り易いところから取ろうとする姿勢にも問題があり、サラリーマン増税は国の債務問題の根本的な解決手段にはならないし断固反対である。プライマリーバランスを図るためには歳出だけでなく歳入にもメスを入れるという理屈などまだまだ聞きたくない。道路公団の談合がいまだに正々堂々行われていたことなど見ても、歳出を絞れるところまで絞っているなどというのは全く持って疑問である。

 福井総裁の発言のように、公共部門のリストラはこれからスタートである。それにしっかり手をつけなければ、それほど時間をおかずに「日本国債は危ない」ものとなるであろう。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-07-29 16:41 | 国債 | Comments(2)
Commented by 太郎 at 2005-08-02 01:59 x
はじめまして。
為替王さんのブログで牛熊さんのブログを知って、以来毎日読んでます。国債はまだ実際に投資はしていませんが真剣に検討しています。
福井総裁は先週TVで会見してたのを見た時は何だかモゴモゴ話しているし青い縞シャツのクールビズ効果もあって寝床に入る直前のパジャマおじさんといった風情でしたが、今回の記事でそれは誤解で骨のある人だと知りました。
本日(8/1)国債先物がチャート上で4月以来の安値を割ってしまったように見えますが専門の方から見て下値目処はどの辺だと思われますでしょうか?
夏休み暑いですがお気をつけお過ごしください。
Commented by 牛熊 at 2005-08-03 12:06 x
太郎さん、はじめまして。
読んでいただきありがとうございます。
コメントのご返事が遅れて申し訳ございません。
昨日まで夏休みをいただいておりました。

専門家でも相場の先行きを見通すのはたいへん難しく、
投資は是非自己責任で・・・なんて、言う話ではないですね。

たぶんこちらのブログの最初の方にもコメントしていたと思うのですが、
今回の長期金利の上昇はかなり本格的なものと思っています。

日銀もいよいよ量的緩和解除のタイミングを計りつつあると思われ、市場もそれを認識しているため短期金利にも上昇圧力が強まっています。
とりあえず、以前の予想のように9月末までに1.5%という目標は変えませんが、あっさり抜けてしまう可能性もありそうです。
そして、年末から来年にかけて大きな節目でもある2.0%を試してくるであろうと思っています。

今後もどうかよろしくお願いいたします。
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー