牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「参院財政金融委員会」

人気blogランキング クリックのご協力、お願いいたします。

 昨日、武藤日銀副総裁も出席した参院財政金融委員会の様子をインターネット審議中継を使ってみていたのだが、なかなか面白かった。以前に一度、お話をさせていただいたことのある民主党の平野議員が質問者であったが、平野議員も谷垣財務大臣と武藤日銀副総裁のバトルを期待していたような節もある質問内容でもあった。

 4月16日のタウンミーティング後の記者会見で谷垣財務相が長期金利の上昇が急すぎるとして懸念を表明し、細川財務次官からも同様の懸念が示されている。谷垣財務相は「日銀の姿勢が正しく理解深まるよう、努めてほしい」ともコメントしており、これは日銀への説明責任を求める牽制球ともとれる。さらに「連続的な利上げが行われるとの思惑が金利上昇の要因との指摘がある」とも財務相は指摘している。

 さらに安倍官房長官までも「日銀はゼロ金利で日本経済を下支えしてほしい」、「日銀は当面の政策運営の考え方を丁寧に説明してほしい」、「足元の金利上昇スピードはやや速すぎる」、「デフレが緩やかに続いているなか、急激な金利上昇は望ましくない」といったように、財務省関係者と同様の発言をしていた。

 平野議員の質問に対して武藤副総裁は、このところの長期金利の上昇要因として「景況感の改善」「米国長期金利の上昇」そして「先行きの金融政策への見方のバラツキ」といったものを指摘。ゼロ金利の解除に関しては予断を持っていないと繰り返していた。

 ただし、谷垣財務相も武藤副総裁も長期金利はコントロールできないという点では認識を同じくし、この場面での直接的な火花は飛び交わなかった。それよりも、興味深かったのは与謝野担当相のコメントであった。安倍官房長官の発言内容についての質問に対して、与謝野大臣は「ゼロ金利政策は異常な政策」と福井日銀総裁が以前コメントした内容に近い発言となった。

 そしてもうひとつ興味深かったものは、日銀が何故、中長期の買い切りを増やさずに短国を買い付けたのかとの質問に対して武藤副総裁は、量的緩和解除の際に当座預金残高を減らす際、短国ならば乗換えをせずに残高を落とせることが可能な反面、中長期債ではそれが難しい点を指摘。もちろん国債の売りオペという手段もないわけではないが、それは念頭に置いていないものとみられる。それとともに、福井総裁、武藤副総裁の就任時以来、当座預金残高を何度か引き上げてきたものの、国債買い切りを増やさなかった背景には、いずれ量的緩和政策を解除することが念頭に置かれていたことを示すものではなかったかとも思われるのである。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-04-21 10:47 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー