牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「国債暴落説を流す人は何故日本から離れないのか」

人気blogランキング クリックのご協力、お願いいたします。

 長期金利が上昇をはじめたことで、今後再び日本国債の暴落やハイパーインフレといった世間を騒がす発言なども多くなってくると思う。これは今に限ったことではないが、世間に注意を促すのならばそれはひとつの警告として必要なものかもしれない。

 しかし、国債が暴落し円も急落し、デフレどころでなくハイパーインフレが起きると本気で信じているのならば、少なくともすぐに海外に移住した上で、日本という国の資産から一切を切り離して海外で自活できるだけの準備が必要である。

 たとえば、国内で海外資産を購入していたとしても、仮にもし日本国内で預金封鎖といったことが起きた際には、国内金融機関から資金を取り出すことができなくなるのと同様に国内にある外資系金融機関などの窓口も閉鎖されることは十分に考えられる。外債を買っているからとか外貨建て資産を購入しているから安全であることはない。

 それ以前に、もし円や国債の暴落が起きれば、経済がグローバルに密接に関連している以上は、ドルやユーロといった他の通貨や海外債券の急落も招くことになる。特に日本では米国債を大量保有していることもあり、それを売却せざるを得なくなり、これによって米国経済に大きな打撃を与える結果となった上で、世界的な金融不安の引き金になるであろうから、その際に先進諸国、いや地球上には安全な資産などなくなることになろう。

 国債や円の暴落説を流す人は、本当にそれを信じているのならば、別に警告してもらわなくても良いから、さっさと日本から遠く離れ、南の島あたりで自給自足の生活でも送っていてほしい。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-04-20 16:45 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー