牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「5年1.4%と10年1.9%」

人気blogランキング クリックのご協力、お願いいたします。

 本日、5年54回債は2.5毛甘の1.375%と5年7か月ぶりの安値をつけたあとさらに売られて、一時1.400%をつけ新発5年債としては過去最高利回りを記録した。そして、10年278回は一時前日比4毛甘の1.900%をつけ、約1年10か月ぶりの1.9%台をつけてきたのである。10年債の利回りが2%台に乗せるのも時間の問題となってきた。

 日銀の量的緩和解除後、金利は正常化への動きを強めつつあり、上昇基調となっている。預貯金金利も上昇してきたといっても本格的な上昇は、ゼロ金利解除後となろう。それでもまだコンマいくつの世界であるが、個人向け国債はすでに5年固定タイプが1%台の利率をつけている。そして、10年変動タイプもこのまま行けば利子が1%台に乗せてくる。金利が上昇すればするほどこの変動タイプの魅力は増してきそうである。

 先日4日に募集が終了した春の個人向け国債は、郵便局では固定が先に完売になったと聞くが、証券会社によっては変動の方の売れ行きが良いところもあったようで、どちらが多く売れたのか興味深いところ。発行は4月17日。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-04-07 12:59 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー