牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「シ団廃止」

人気blogランキング クリックのご協力、お願いいたします。

 本日で40年の長きにわたって存続していた国債の引き受けシンジケート団が廃止される。1966年1月に戦後始めての国債が発行されて以来、国債の安定消化のための組織として機能した反面、国債の競争入札制度の普及とともに形骸化していた。国債シ団廃止といえば、思い出されるのが、幸田真音さんの小説「日本国債」である。小説の中ではすでに2000年頃に廃止される設定になっていたが、それから現実の廃止まで6年の期間を要した。そういえば幸田さんの小説「日銀券」では2004年あたりでの量的緩和解除の設定になっていたと思うが、現実の解除まではそれほど時間を要してはいなかった。

 国債シ団がいざなくなってしまうとなれば、寂しい気もしなくもないが、これも時代の流れであろう。4月3日には記念の会合もあると聞いている。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-03-31 12:36 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー