牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「米国の貯蓄国債」

人気blogランキング クリックのご協力、お願いいたします。

 日本の個人向け国債のモデルにもなったと思われる米国の貯蓄国債についてみてみたい。。現在、貯蓄国債で購入できるのはSeries EEとI Bondの2種類となっている。Series EE などからの乗り換えのみが認められるSeries HHは2004年9月に新規発行が廃止された。

 Series EEは2005年5月のEE Bondの金利ルール変更で変動金利から固定金利となり、何年保有しても利率は変わらない。新規発行分の金利は毎年5月と11月に見直しが行われる。

 インフレ連動型のI Bondはインフレ率に応じて利率が決まるインフレ対応型の債券。I Bondの利率は30年間変更されない固定金利部分と半年毎に変動するインフレーション率部分の合計になる。インフレ率は利息は毎月計上されるが換金まで利息の支払いを受けることはできない。

 貯蓄国債の有利な点は、米国債でありながら少ない額(ネット利用の際には最低25ドルから)購入できることがあげられる。銀行やインターネットを通じたTreasury Direct で簡単に購入できることも魅力。利回りも比較的有利になっており、さらに州税や市税が非課税なのも利点。ただし、連邦税は課税されるが換金まで払う必要はない。

 換金は発行月から1年を超えた次の月から可能となっている。ただし、発行から5年以内に換金する場合は、換金日の直近の3か月間分の利息をペナルティとして取られる。

 貯蓄国債は国が発行する債券であり信用度が高く、小額での購入が可能な上、税制上のメリットもあり、教育資金に使う場合には利息が非課税になるという利点もある。

http://www.savingsbonds.gov/indiv/indiv.htm
[PR]
by nihonkokusai | 2006-03-23 13:26 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー