「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「リスク」

人気blogランキング クリックのご協力、ありがとうございます。

 トリノオリンピックでメダルが取れるかどうかは、どうやら女子フィギュアの3選手にかかってきたと言えそうである。この女子フィギュアで最も注目されているのが、安藤美姫選手かと思われる。それだけマスコミの露出度も高い。

 安藤選手が4回転ジャンプを行うのかどうかといったこともマスコミを賑わせていた。フィギュアの採点方法が変わったことで、この4回転ジャンプが決まれば大きな点数が期待できる半面、わずかの回転でも不足したり転倒したりすると大幅な減点を受けてしまうリスクも伴う。まさにハイリスク・ハイリターンと言える採点方法となったそうである。

 すでに日本語化しているこのリスクの語源は、俗ラテン語のrisicareに遡れるとされる。それは「絶壁の間を縫って航行する」ことを意味しているそうである。つまりリスクは危険といった否定的なニュアンスよりは、冒険とかチャレンジンするといった能動的なニュアンスが強く含まれている。つまり、リスクには危険に身をさらすという意味も含まれながらも、試みることや冒険してみると言った意味も含まれ、そこには冒険の愉しみという気持ちも込められている。

 果たして安藤美姫選手も果敢にリスクにチャレンジしてメダルへ積極的にチャレンジしてくるのか。結果が求められるオリンピックとしてはなかなか決断するのも難しいところではあるが、できればチャレンジしてもらいたいとも思う。

 前置きが長くなってしまったが、投資におけるリスクも、失敗の危険性はあるが、成功を目指して期待に胸膨らませながら果敢に試みることを意味している。これまで株のデイトレーダーに対して批判的なコメントをしてきたが、市場で積極的にリスクに向かうという姿勢はある意味評価したい。しかし、そこで大きなリターンに恵まれるのは一部であるという現実も直視してほしい。それだけ株のデイトレードはリスクが高いものとなっており、あまり素人が手を出すべきものではないとの考え方にかわりはない。

 しかし、金融市場においてペイオフ解禁、郵政民営化といった動きから、収益性はともかく安全確実と思われていた預貯金にもリスクがあることが顕在化し、これまでリスクから隔離されていた我々個人も新たなリスクに身を置かざるを得ない。

 「貯蓄から投資へ」との政府のスローガンも、間接金融から直接金融への資金の流れの変化を意味するものであるが、それは「安全性から危険性」という意味にも繋がる。しかし、リスクに対してはその度合いを適切に判断した上で、適切にコントロールすれば収益性の向上にも繋がる。フィギュアスケートではないが、リスクに対しては果敢に立ち向かわない限りリターンを得ることも難しくなるのである。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-02-22 12:27 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー