牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「物価連動国債の会計処理見通し」


 財務会計基準機構は、物価連動国債の会計処理見通しについて公開草案を27日に公表するとしたようである。この公開草案では、物価連動国債の会計処理見通しが他の利付債並みにとなり、今3月期からの早期適用も可能としているものとみられる。約1ヶ月の間でパブリックコメント手続きを行い、年度内には最終的な適用指針を公表する運びとなるようである。
 
 物価連動債に関する会計処理の問題については、財務省が財務会計基準機構等との協議を開始して以降、同機構等において検討いたものとみられる。昨年の10月28日には、同機構の企業会計基準委員会において、物価連動債の会計処理の見直しが正式に議題として取り上げられ、金融商品専門委員会に付託されることが決定され、同専門委員会で本格的に議論が行われることとなった。

 物価連動国債は複合金融商品として認識されているが、デリバティブ部分のリスクが当初元本に及ぶ可能性は低いとして、一体としてその他有価証券に区分することを容認する物となると観測されている。包括的な償却原価法の適用が可能になるようである。しかし、リスクが当初元本に及ぶ可能性は低いとしながらも、償還元本及び総受取利息金額が確定しないことから、満期保有目的債権への計上は認めないとされるようである。
(一部、TFJ クレジット・リサーチ部の八須氏のコメントを参考にさせていただきました)

人気blogランキング クリックいただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2006-01-25 13:50 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー