牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日銀は卑怯なコウモリか

 イソップに「卑怯なコウモリ」というお話がある。 むかしむかし、鳥と獣が争っていたとき、コウモリは鳥たちが有利になると鳥たちのところに行って私は鳥の仲間であると言い、獣たちが有利になると獣たちのところに行って私は獣の仲間ですと言った。このように両陣営に良い顔をしていたことから、最後はコウモリの裏切りが明るみに出て両方から相手にされなくなり、暗い洞窟に身を潜めるようになったという童話である。

 1月29日に日銀が決定した「マイナス金利付き量的・質的緩和」は、いったい政策目標は金利なのか量なのかが曖昧であった。マネタリーベース(日銀当座預金と現金の量)を大きくすれば、インフレ期待が強まり物価が上がるとの理屈で、2013年4月に異次元緩和が始まった。このときの日銀は金融政策は量で勝負しますと宣言していた。

 それから3年近く時が過ぎて日銀は突如、マイナス金利を導入しますと宣言した。政策金利のひとつともいえる当座預金の超過準備にかかる一部の金利をマイナスにするとした。これにより政策目標を金利に戻したのかといえば、さにあらず。量の効果はあるので量も予定通りに増やすものの、これからはマイナス金利をさらにマイナスにさせることで追加緩和をしますよとした。

 ECBもマイナス金利政策を取りながら国債も大量に買っているが、とりあえず政策目標は金利のままである。しかし、今回の日銀の政策目標は量のままではあるが、政策手段はマイナス金利の引き下げを軸にするかのように思われる。

 いったい日銀の政策目標は量なのか金利なのかどちらであるのか。この矛盾はこれからいろいろな歪みを生み出すと思われる。

 ただし、結果としての反応は金利引き下げとなることで、それが日本の長期金利の低下を促した。債券市場がポジティブな反応を示したことで、今回の日銀の追加緩和は効果ありとして株が買われ、セットで円安が進行。欧米市場では株も国債も買い進まれた。

 ところがいま日本の債券市場関係者は今回の措置にかなり頭を悩ませていると思われる。金利なのか量なのかの矛盾が噴出してくるのはこれからだと思われる。

 日銀はマイナス金利分だけ買入れ価格が上昇(金利が低下)することで釣り合うので、買入れは可能と考えられるとしており、欧州中央銀行ではマイナス金利と長期国債の買入れを両立しているとの説明をしている。

 たしかにマイナス0.1%のペナルティ分以上を日銀の国債買入価格に上乗せさせれば、業者は日銀の国債買入に対応できる。しかし、金利と量は相反する政策であり、日銀は余計に超過準備積むならペナルティを課すので資金を融資などに向けろとさせながら、巨額の国債買入を続けてマネタリーベースつまり当座預金も増加させようとしている。この矛盾は国内の金融機関の資金運用をより難しくさせる。

 少なくとも現在。金融機関が保有している国債の売却はより困難になろう。いったん手放してしまうとその資金にペナルティが付く上、新たに国債を買い入れるとマイナス金利となってしまう懸念が生じる。国債をマイナス金利で運用出来るのは外銀などの海外投資家や日銀への売却を前提とした業者に限られてしまうことで、債券市場の流動性はますます低下し、金利の低下そのものも流動性の後退要因となる。

 日銀の出口はさらに遠くになる。金利は潰れ、国債の価格はうなぎ登り。にもかかわらず、国内投資家は国債を買うに買えない状況となり、苦しい状況に追い込まれていく。それによって何がもたらされるのか。コウモリの裏切りはいずれ明るみに出ることとなったが、日銀の今回の量と金利を両方追い求める政策の矛盾がいずれ浮上したときに、果たして何が起きるのであろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2016-02-02 09:54 | 日銀 | Comments(2)
Commented by 金融危機 at 2016-02-02 10:08 x
いつも拝読させていただいております。
つまりは日銀はため込んだ国債を売却することもできず金利はこのまま低空飛行のままで推移していくという事でしょうか?

Commented by アソシ at 2016-02-03 00:27 x
幸田真音さんの小説が出た時は、ワーストシナリオの
更に下だから、政策や市場に警鐘を鳴らす効果がある
と思っていましたが、
徐々に近づいて行く様な・・・

白川さんが2%にコミットした辺りから、物価が0%や1%の低い時は、
右肩上がりでないといけない様な論調ですが、こと日銀に限って言えば
マイナスにしない政策で十分なのでは?

原油価格の下落 ではなく、消費税増税 が無ければ・・・
仮に原油価格が少しずつ100ドルに回復したら、
黒田さんは、出口政策を取るのでしょうか?
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー