牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日銀の追加緩和の可能性

 日銀は1月8日に昨年12月17、18日に開催された金融政策決定会合の「主な意見」を公表した。「主な意見」の公表は今回が初めてとなる。

 金融政策運営に関しては、現状維持が妥当としながらも、必要と判断した場合には迅速に調整するとの意見が出ていた。また、「現在は、テーパリング等、金融緩和の後退との印象を与える決定は適切ではなく、日本銀行が目標達成のための手段を有し、かつそれを実施する意思があることを示すことを最優先すべきである」との意見も出ていた。

 12月の決定会合では量的・質的金融緩和を補完するための諸措置、つまり適格担保の拡大や長期国債買入れの平均残存期間の長期化などが決定された。これにより日銀の国債買入の余地が拡がったことは確かである。

   その補完措置によりかえって量的・質的金融緩和の限界が意識され、市場との対話が難しくなることを懸念するとの意見も「主な意見」では出されていた。

 2016年の金融市場は波乱含みでのスタートになった。サウジアラビアとイランとの国交断絶や北朝鮮による水爆実験とされる核実験による地政学的リスクも材料視されたが、それ以上に人民元安にもみられる中国経済の悪化懸念や原油安が波乱材料となった。これにより日経平均は戦後初となる年初から5日連続での下落となり、ドル円も120円を大きく割り込んだ。

 原油安は物価上昇の抑制要因となり、日銀の物価目標達成時期をさらに先送りする要因となる。円安株高はアベノミクスの生命線ともいえるものであり、参院選を控え政府サイドから日銀に対して追加緩和期待が強まることもありうるか。

 補完措置により国債の買い入れ余地はたしかに拡がった。しかし、すでに2016年度はほぼ国債の年間発行額を日銀が買い入れることで、ここから国債買入をさらに大きく増額することは難しい。それでもETFなどの買入とミックスさせて追加緩和を行うことは技術的には可能ではある。

 ただし、12月のECBの追加緩和に対して市場でネガティブな反応を起こしたように、日銀の追加緩和は異次元緩和の限界が見透かされ、むしろ円高株安を加速させる可能性がある。さらに出口の困難さも意識されて国債市場がネガティブな反応を示す懸念もある。日銀が今年から年8回となる決定会合で、特に展望レポートが公表され、夏の参院選の前となる1月や4月の決定会合あたりで、追加緩和を議論するのであれば、それはかなり慎重に行う必要があろう。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2016-01-18 09:11 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー