牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

あさが作った銀行

 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」のモデルとなっている広岡浅子は銀行設立にも携わった。

 明治政府は1868年に純正画一な貨幣を製造することを決定し、1869年の大隈重信の建議により、新貨幣は十進法によるものとし、その価名を「円」とすることを決定した。1871年には、最初の貨幣法である新貨幣条例が公布された。日本の貨幣の単位として円が正式に採用されたのである。これによって、近代的な貨幣制度の枠組みが整った。

 しかし、新貨幣の鋳造は進まず、明治政府は緊急の必要に応じるため「太政官札」「民部省札」などの、いわゆる不換紙幣を発行した。金銀貨による幣制の統一を目指していたものの、貨幣素材の不足や造幣能力の不十分さもあって、金銀貨の鋳造はなかなか進まなかった。その結果、金銀貨に代わる支払手段として不換紙幣の発行に依存せざるを得なかったのである。

 銀行の設立も明治政府にとっては大きな課題となる。民間からも銀行設立の願いが相次いだ。しかし、政府内ではこの銀行設立を巡って、米国のナショナルバンク制度をモデルにした地方分散型の発券銀行制度を主張した伊藤博文と、イングランド銀行をモデルにした中央銀行制度を主張した吉田清成の間で銀行論争が起こっていた。

 結果的には伊藤案が採用され、国立銀行条例が発布された。外国でバンクと呼ばれていた金融機関を日本語の「銀行」に翻訳したのは渋沢栄一とされるが、実際には渋沢が「金行」を提案したものの、三井の三野村利左衛門が「交換には銀も含む」として「銀行」となったとの説もある。国立銀行といっても、ナショナルバンクを日本語に直したものであり、これは国営ではない。あくまで国立銀行条例に基づき設立された銀行券を発券できる民間の銀行である。当初は銀行券の発行条件が厳しかったことなどから、設立されたのは第一国立銀行など4行だけとなった。

 その第一番目の第一国立銀行は、三井、小野両組が井上馨と渋沢栄一の勧めで、共同出資に踏み切って設立したとされる。本来は新貨幣為替ご用のお役目を受けていた三井が単独で銀行を設立しようとしていたが、ひとつの財閥が独走するのは望ましくないとして、渋沢栄一が三井、小野両組の共同出資に持っていったようである(小説「土佐堀川 広岡浅子の生涯」より一部引用)

 1876年に「国立銀行条例」は改正され、金貨との交換義務が廃止され、銀行券の発行限度も拡充された結果、全国的に銀行設立ブームが起こり、153行もの国立銀行が誕生した。また、民営銀行が設立される機運が高まり、特に浅子の実家の三井家は単独で私立の銀行を設立することになる。1876年に日本初の民間銀行である三井銀行が開業した。

 1882年に日本銀行が設立され、国立銀行が発行した紙幣は、1883年の国立銀行条例の改正により兌換銀行券である日本銀行券に置きかえられた。1899年には政府紙幣とともに通用停止となり、日本における流通紙幣は日銀券に統一された。これらを受けて国立銀行は普通銀行に転換した。

 実家の三井の動きに触発されて、広岡浅子も銀行の創立を目指し、渋沢栄一のアドバイスをもらって1888年に開店したのが加島銀行である。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-11-14 11:43 | 金融の歴史 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー