牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

それでもFRBの正常化路線に変化なし

 10月2日に発表された9月の米雇用統計では、非農業雇用者数は前月比14.2万人増となり、予想の20万人程度を下回った。7月と8月の分もそれぞれ大きく下方修正された。失業率は5.1%と変わらず、平均時給も前月比横ばいとなったが、労働参加率は低下し、1977年10月以来の低水準となった。

 2日の米国市場では、これを受けて少なくとも10月27、28日のFOMCでの利上げはないとみてか、株は買い戻され、米債も買われた。12月のFOMCを含めて年内利上げ観測もやや後退したとの見方も強まった。

 9月のFOMCでは中国などの新興国の景気動向等が意識されて、利上げは見送ったとの認識が強いが、イエレン議長などの年内利上げに向けた意識に変化はなかった。つまり、見送ったというよりも9月は予定通りの現状維持としたとの見方もできよう。

 単月の経済指標で金融政策が振り回されては、毎回のように金融政策が緩和や引き締めを繰り返すことになる。金融経済のリスクが高まっている非常時はともかく、そうでない限りは慌てての金融政策の変更は行う必要はない。

 むしろ現在はその非常時の体制から脱しつつある過程にある。その第一段階のテーパリングは終了し、次のステップが出口政策、つまり利上げとなる。そのためにFRBはかなり慎重に準備を進めてきた。テーパリング以降のロードマップについても綿密に描いていた可能性がある。現実にテーパリングそのものは、月々の経済指標等には関係なく、淡々と進められてきた。

 それがつまり9月に利上げがなかった理由ではなかろうか。議長会見のない10月も想定しているとは考えづらい。あくまでターゲットはテーパリングの2013年の決定時と同じ12月のFOMCであることに変わりはないと私は見ている。もちろん何かしらの非常事態が発生すれば先送りの可能性はある。

 欧米市場をみても、世界的な非常時から脱しつつあることは確かであろう。ただし、一時世界経済を先導したかに見えた中国経済に陰りも見えた。ここまで新興国経済を維持させてきたのは、世界的な金融緩和政策に支えられてのものとも言える。その異常な金融緩和政策から抜け出すのも容易ではないが、麻酔薬も使い過ぎると危険であるように、金融緩和に過度に依存しない体質に戻すことも重要なことになる。FRBはかなりの信念をもって正常化路線を歩んでいるとみられ、むろん経済データーを重視はしようが、あまり目先の変動には左右されることはないのではなかろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-10-06 09:27 | 中央銀行 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー