牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

8月も海外投資家の日本国債の大量買い越し続く

 日本証券業協会(JSDA)は9月24日に8月の公社債投資家別売買高を公表した。これは日本証券業協会の協会員、つまり証券会社から、当月中に取り扱った公社債の一般売買分(現先を除き、国債の発行日前取引を含む)の状況についての報告を基に集計したものである。発表される公社債投資家別売買状況のデータは、全体の数字と短期債の数字となっている。このため、短期債を除く債券のデータについては、全体から短期債を引いたものを使う。ここには国債入札で購入した分や日銀の国債買入分は入っていない。

8月の公社債投資家別差し引き売買高
注意、マイナスは買い越し、単位・億円
()内は国債の投資家別売買高の超長期・長期・中期別

都市銀行 -8384(-1926、-9679、3213)
地方銀行 4838(-448、4202、1527)
信託銀行 3120(-1755、1117、2787)
農林系金融機関 139(-257、577、10)
第二地銀協加盟行 -244(-147、311、76)
信用金庫 1912(178、1985、66)
その他金融機関 5682(147、168、5499)
生保・損保 -5542(-3283、217、-1714)
投資信託 -516(-169、838、-1037)
官公庁共済組合 83(10、213、150)
事業法人 -739(-10、-33、-560)
その他法人 -488(31、90、-67)
外国人 -24121(-3161。-10672、-10219)
個人 349(14、33、10)
その他 12672(11486、6406、-1842)
債券ディーラー 88(12、54、17)

 8月に都銀は8384億円の買い越しとなった。7月は8374億円の売り越しとなっていたが、2か月ぶりの買い越しに。同時に公表された国債投資家別売買高でみると、都銀は超長期債を1926億円、長期債を9679億円買い越し、中期債を3213億円売り越していた。

 引き続き注目すべきは外国人で、8月は2兆4121億円の買い越しと7月の2兆4888億円の買い越しと同様に大きく買い越した。外国人は14か月連続の買い越しとなる。超長期債を3161億円、長期債を1兆672億円、中期債を1兆219億円、それぞれ買い越していた。

 生損保が5542億円と超長期主体に買い越していたのを除くと、ほかの投資家は売り越しが目立った。

 地銀は4838億円と長期主体の売り越し。信託銀行も3120億円と中期債主体の売り越し。そして、今回も「その他」が1兆2672億円売り越していた。7月は2兆1429億円の売り越しとなっていたため、売り越しの金額そのものは減少していた。超長期債を1兆1486億円、長期債を6406億円売り越し、ただし中期債は1842億円買い越していた。7月も超長期債を大量に売り越していたが、かんぽ生命による売りであろうか。いずれにしてもある主体が日本国債を売却し、その分、米国債などを購入していた可能性がある。

 8月の債券市場は、中国だけでなく世界経済の先行き不透明感が強まり、10年債利回りは0.4%割れ、債券先物は4月30日以来となる148円台を回復した。日経平均株価は8月19日あたりから急落し、18000円割れてからは乱高下するなど波乱含みの展開に。リスク回避の動きから米債は買われ、円債もジリ高となるものの、10年債の0.3%前半では高値警戒も強まった。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-09-26 10:39 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー