牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ギリシャのサムライ債は無事償還

 14日の日経新聞電子版によると、ギリシャは1995年に日本の債券市場で発行した20年物円建て債(サムライ債)を14日、期日通りに償還した。日本で同債券を管理するみずほ銀行が同日、明らかにしたそうである。

国内で海外の発行者が発行する債券のうち、円建てで発行される債券が「円建て外債」であり「サムライ債」とも呼ばれる。1970年代から発行されており、2014年の円建て外債の発行額は2.5兆円を超えている。

1995年にギリシャの20年物国債が円建てで発行されていた(9回債)。発行額200億円で、表面利率は年5.8%。1995年6月入札の20年日本国債の利率は3.7%であり、5.8%の利率は魅力的であったとみられ、個人を含め国内の投資家が積極的に購入したとされている。

しかし、過去の債務再編により民間向け債務には約50%の元本削減が実施され、14日に償還される額面は約116億円分となっていた。ギリシャ危機によるギリシャの格下げもあって、国内の民間金融機関はリスク回避のため、保有しているギリシャのサムライ債のほとんどを売却したとみられ、それを海外ファンドなどリスクの取れる投資家が購入した。償還される約116億円のサムライ債は主に国内外の一部金融機関やへッジファンド、個人投資家などが保有しているとされる。

ギリシャ全体の債務からみて約116億円と小さかったこともあり、ここでのデフォルトはギリシャとしても回避したかったとみられ、なんとか資金繰りをしたものと思われる。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-07-14 11:28 | ギリシャ | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー