牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

バルファキス財務相が突然の辞任、何があったのか

 ギリシャのバルファキス財務相が6日に辞任をツイッターなどで発表した。これを受けて市場では、ユーロが買い戻され、株式市場も買い戻しの要因となった。なぜ金融市場はこのような動きを示したのか。そもそもこのタイミングでの突然の辞任はどうしてなのか。

 バルファキス財務相は声明で、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)の一部メンバーが同氏の参加を望んでいないとし「(自身が辞任すれば)交渉がまとまりやすくなると首相が判断した」と説明した(ロイター)。

 バルファキス財務相は型破りなファッションなどで注目を浴びていたが、それよりも強気な発言が問題視されていた。バルファキス財務相は先週、債権団は脅しによって緊縮策の受け入れを迫っており、ギリシャ国民に対する「テロ行為」だと非難した。

 ケンブリッジ大学で経済学の教授をしていた経歴があり、ゲーム理論の専門家でもあるバルファキス財務相ではあったが、恐そうなのはどうもルックスだけではなかったようである。

 ユーロ圏財務相会合でのバルファキス財務相の写真は笑顔で写っているものが多かったようだが、ドイツのショイブレ財務相らと公然と対決していたようで、交渉再開にむけてショイブレ財務相らのメンバーが同氏の参加を望まず、チプラス首相が辞任を勧めたたものと思われる。

 ギリシャでは辞任を表明したバルファキス財務相の後任にユークリッド・ツァカロトス氏が指名された。ツァカロトス氏はオックスフォード大学で学んだこちらも経済学者で、これまで外務副大臣を務め、欧州連合(EU)とIMFとの交渉チームを率いてきた。オランダ・ロッテルダム生まれで、オックスフォード大学で教育を受け、1990年から1993年にはケント大学で経済学を教え、その後、アテネに移住したそうである(AFPBB News)。

 ツァカロトス氏もノーネクタイ派のようだが、少なくともバルファキス氏よりは穏健派のようである。ギリシャの財務相が変わったところで協議が進展するわけではないが、少なくとも協議再開の支障がひとつ取り除かれた。マーケットはこれを好材料として判断したものとみられる。問題は今後の協議の行方となるが、いまのところ進展があるのかどうかは定かではない。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-07-08 10:00 | 国際情勢 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー