牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

転身ができない日銀

 アベノミクスと呼ばれたリフレ的な政策を安倍首相は打ち出し、その実行部隊が日銀となった。2012年11月のアベノミクスのスタートにより、急激な円高調整が入り、株式市場も急上昇した。そして、日銀が2年で前年比2%という目標を掲げた消費者物価指数は異次元緩和決定後、急速に上昇することになる。

 2013年3月が前年比マイナス0.5%、4月がマイナス0.4%、5月はゼロ%、6月はプラス0.4%、11月にはプラス1.1%と1%台を回復し、異次元緩和の1年後の2014年4月には前年比プラス1.5%と目標まであと0.5%に迫った。この勢いであれば、2年も掛からず2%の目標はあっさりクリアーできるとの楽観的な見方も強まった。

 日銀の異次元緩和により、レジーム・チェンジが起きてデフレからの脱却も間違いないと思われた。ところが消費者物価指数はここからじりじりと前年比のプラス幅が縮小していく。そもそも異次元緩和を行ってすぐに物価が上がること自体がおかしいことに気がつくべきであった。リフレ派ですら金融緩和の効果には時間が掛かるとしていたはずが、すぐに効果が現れた格好となった。これは事前にアベノミクスが始まっており、それでレジームチェンジが起きていたためとの説明もできるかもしれない。まさに期待に働きかけたと。しかし、このときの物価上昇はそもそも前年比でプラスへの回復はアベノミクスや異次元緩和がなくとも起きていた。しかし、その戻り方のピッチが速かったのには円安の影響が大きかったのである。

 円安の動きが鈍り、円安による日本経済の負の効果も意識された。中小企業にとって原材料費の高騰が直撃し、個人にとっても物価上昇に賃上げが追いつかなければ家計を圧迫することになる。円安が一服しただけでなく、今度は原油安という新たな物価抑制要因も出てきた。このため消費者物価指数の前年比は縮小し、2014年10月に0.9%と1%割れとなった。

 このタイミングで日銀は量的・質的緩和の拡大、つまり異次元緩和第二弾を打ち出した。ところがこれ以降、さらに物価の前年比は縮小する。2015年1月にはプラス0.2%に低下した。ここからさらにプラス幅は縮小すると予想され、4月にかけて前年比マイナスになる可能性も出ている。日銀は異次元緩和第二弾であらためて決戦を挑んだが、状況はむしろ悪化することになる。

 金融政策で物価をコントロールできるのか。英国や米国も量的緩和を打ち出したが、物価そのものは大きく上昇したわけではない。あくまで金融緩和は景気回復の側面支援でしかなった。米国では住宅ローン問題が危機のきっかけでもあったことで、MBSの買入がうまく機能し、その結果として雇用の回復があった。欧州の信用不安の後退が英国や米国の景気回復の手助けとなり、そこに緩和効果も多少なり影響したとみられる。

 日本でも世界的な金融経済危機が去ったことで必然的に景気も回復基調となり、円安がそれをいったんフォローした。しかし、異次元緩和は直接、景気や物価には影響は与えたとは思えない。円安や株高の材料となったかもしれないが、日銀がマネタリーベースを倍にしようが機械的に物価が上がるようなことぱなかったことが示された。

 日銀の異次元緩和は壮大な実験とも呼ばれた。その実験開始から約束の2年が経過し、2%どころかゼロかマイナスになろうとしている。賃金等が上昇しているから効果はあったとの見方もややピントがずれている。世界的な景気回復の波に乗っただけで、そもそも肝心の物価が上がらないで、良いとこ取りしようとしているようにしか見えない。

 日銀にとってここまできてしまったら、自らの考え方が誤りであったことは認めないであろう。それはつまり、日銀による思い切った国債買入はこのまま半永久的に続けられるか、さらにその買入を拡大させる可能性すらある。このままでは国債市場がこれを財政ファイナンスと認識して急落してしまってはじめて、間違いを認めることになってしまうのか。転身ができない日銀はそのリスクを徐々に高めていくことになる。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-03-16 09:50 | 日銀 | Comments(2)
Commented by 念のためご連絡 at 2015-03-16 22:33 x
以下で粘着質な突っ込みを入れられています。
https://twitter.com/yasudayasu_t/status/577438803125616640
Commented by ThreeB at 2015-03-17 06:41 x
米国内の賃金さえ景気回復の割に弱いということが長らく話題になっているのに、どうして遠く離れた日本の賃金はそんな外国の景気回復の波に乗ったり出来るのでしょうか?
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー