牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

宮尾日銀審議委員による国債買入の説明への疑問

 3月25日に任期を迎える日銀の宮尾龍蔵審議委員は4日に「金融政策運営の課題」と題する講演を行った。日銀がサイトにアップしたこの講演議事要旨の内容を見てみたい。

 この講演では、長期国債など大規模な資産買入れ政策の効果、金融政策のコミュニケーション、2%の物価安定目標へ向けた今後の道筋について、という3つの課題を取り上げていた。最初の「長期国債など大規模な資産買入れ政策の効果」については、昨日このコラムで取り上げたテーマでもある。

 「長期国債など大規模な資産買入れの影響をどう評価するかは、近年の非伝統的な金融政策に関する最も中心的な論点の1つである。理論面、実証面の研究が相応に進展してきているが、政策の効果やコスト、そもそもの是非をめぐって、論争が絶えない。」(宮尾審議委員の講演要旨より)

 いきなり、その効果は実証されていないかのようなコメントから来ているが、日米欧の資産買入れ措置について、共通する特徴は、大規模な買入を実施し、かつ買入の継続期間について「オープンエンド性」を持たせている点であるとしている。

「資産買入を継続する期間について、あらかじめ限定せず、政策目標にリンクすることで、目標達成に対する強い意志と決意を示している」

「緩和政策へ強力かつより長期にコミットすることで、民間部門の生産的なリスクテイクや「企業家精神」を促して、経済の供給面に好影響を及ぼす可能性がある」

「オープンエンドである結果・・・予想される緩和期間が長期化するため、緩和効果が強まり、その結果、目標達成時期が近づくという安定化メカニズムを内包している」 (以上、宮尾審議委員の講演要旨より)

 以上の効果に関する説明は、意思、決意、起業家精神等々、精神論にしか聞こえず、実際の影響を与えうる直接的な経路について何ら説明がされていない。ただし、その効果については、予想短期金利の部分に下押し圧力がかかる可能性(「シグナル効果」)に関しての説明もあった。

 流通市場から長期国債を買入れて、マネタリーベースとりわけ準備預金が長期的に拡大することは、どのような経済効果があるのか。これについては下記の説明である。

 「政府の長期負債(長期国債)が中央銀行の短期負債(準備預金)に置き換わる結果、政府と中央銀行から成る政策部門全体でみると利払い費用が減少し、少なくともその意味でシニョリッジ(通貨発行益)が発生する。ここで、政府の将来にわたる財政支出計画を一定とすると、シニョリッジが発生した分、政府の予算制約式において追加的な財政余地(fiscal space)が生み出される。その生み出された財政余地が、先々の財政支出の増加もしくは減税にまわれば(あるいは、そのように民間が予想すれば)、景気を刺激することができる」(以上、宮尾審議委員の講演要旨より)

 シニョリッジに関わる説明だが、これは年度ベースで5000億円台程度に過ぎす、利払い費用を含めた国債費の一部が軽減される程度であり、財政余地は限られよう。さらにそこで生み出された財政余地は、財政支出というよりも、国債残高の減少に向けられるべきものであり、それが数十年以上も続けば(そんなに異次元緩和を続けられるのかはさておき)、計算上はいずれ日銀の国債保有残高分ぐらいは補充できるかもしれない。だからといってこれで日銀保有の国債は政府のバランスシートが落とせるということではない(これは宮尾委員に向けた意見ではなく、その後任者などに向けた意見である)。また、中央銀行の短期負債(準備預金)をカバーしているのは我々の預貯金であることも忘れずに。

 どうやら日銀の大規模買入は国債保有規模が大きく多少金利は低いといえど、利子がそれなりに入るので、それを国庫に納入しての財政効果があるとの宮尾委員のご指摘だが、それで日銀の巨額の国債買入による経済効果の説明となるのであろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-03-05 09:03 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー