牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

ゆうちょ銀行とかんぽ生命の国債運用

 ゆうちょ銀行は、今年の秋を目指す株式の上場に向け、これまでの国債を中心とした資産運用から、外国の証券などの比率を高めていくそうである。日本郵政グループが発表した2015年第3四半期決算の概要によると、ゆうちょ銀行とかんぽ生命のポートフォリオは以下の通り。
2015年第3四半期決算の概要
http://www.japanpost.jp/financial/pdf/03_2015_q3_01.pdf

ゆうちょ銀行
2014年12月末、2013年12月末
貸出金、2兆8932億円、3兆763億円
国債、109兆8856億円 126兆3910億円
地方債 5兆7594億円、5兆5503億円
短期社債 2569億円、3339億円
社債 11兆337億円、11兆501億円
株式 9億円、9億円
外国証券、30兆2184億円、22兆7313億円
金銭の信託、3兆2507億円、2兆9190億円
預け金・短期運用資産等 41兆9664億円、28兆2923億円
運用資産合計 205兆2655億円、200兆3455億円

かんぽ生命
2014年12月末、2013年12月末
貸出金、10兆4820億円、11兆205億円
国債、49兆723億円 52兆5229億円
地方債 9兆5352億円 9兆1737億円
社債 6兆6931億円、6兆4418億円
株式 9億円、9億円
外国証券、2兆65億円、1兆2394億円
金銭の信託、1兆3317億円、5816億円
その他 5兆8905億円、6兆1074億円
運用資産合計 85兆126億円、87兆886億円

 ゆうちょ銀行の預金残高そのものの減少傾向は2011年あたりでボトムを打ち回復傾向にあり、180兆円近くまで回復してきたが、国債残高は引き続き減少傾向にある。2013年末に比べて16兆5054億円の減少となった。それに対して預け金・短期運用資産等は13兆6741億円増加し、外国債券は7兆4871億円増加している。中短期債の利回りがマイナスになるなどしていたこともあり、国債を売却しそれを日銀の当座預金に置いたままにするなり、一部を外国債券で運用していたとみられる。

 かんぽ生命も全体の運用資産が減少し、主に国債の運用額を減少させていたが、地方債や社債はほぼ維持、外国証券の残高を増加させていた。

 ゆうちょ銀行は高度な資産運用を行うファンドマネージャーや、高度な運用に伴うリスク管理を行う専門の人材を数十人規模で外部から採用し、本格的な運用チームを作るとしている。報道によると9億円しかない株式運用については触れられておらず、GPIFのような大きなポートフォリオの入れ替えにはならないと思うが、少なくとも国債の保有残高をさらに減少させようとしていることは確かである。

 GPIFは株式運用などの比率を上げるため、国債をかなり売却してきたが、ゆうちょ銀行やかんぽ生命についても、これまで国債保有残高は減少させてきており、ここからの国債残高減少による国債市場への直接的な影響は限定的とみられる。しかし、それは別なリスクを増加させる。

 GPIFの運用方針の変更により、共済年金や厚生年金基金にも影響を与え、さらに国債を大量に保有するゆうちょ銀行やかんぽ生命も国債の保有残高を減少させてきている。都銀も国債保有額をかなり減少させており、日銀への国債消化の依存度が異常に高まりつつある。日本国債は国内資金で十分に消化できる状況があり、需給面では問題はなかったところに、アベノミクスなどにより公的機関の国債偏重の投資スタンスを変更せざるを得なくなり、その分は日銀の買入によって補われるような構図となっている。

 仮に日本の国債消化が日銀の巨額買入なしに難しくなったとみなされたときに、日銀はテーパリングどころか、その巨額買入を永久に続けざるを得ない状況にも追い込まれかねない。まさに財政ファイナンスが意識される状況がリスク要因として認識されたとき、債券市場はかなり揺れ動く懸念が生じる。果たして現政権はこのリスクある政策をいつまで続けていくつもりなのであろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2015-02-24 09:29 | 国債 | Comments(9)
Commented by 比較時期が at 2015-02-24 10:02 x
えーと、ゆうちょのデータですが、2013年12月と記事に書いていますが、数値は2014年3月のものでして・・・、たぶん転記ミスかと・・・。
実際にはゆうちょ銀行は年間20兆円の国債を減らしております。そのぶん、「預け金等」が増えております。
「預け金等」というのは大半日銀当座預金とおもわれ、0.1の付利があり、年間16兆円増えております。短期の国債よりも日銀当座預金のほうが利息が大きく変動リスクもありませんので、しぜんな流れかと思いますが、いかがでしょうか?
また外国証券の大半は米国債だそうです、年間10兆円ほど増えております、実際日本の保有米国債はもうすこしでchinaを追い越そうとしております。
Commented by 禁止用語が at 2015-02-24 10:04 x
どうも国名が禁止用語のようです。
つづきです、
実際、米国債保有高ではふたたび日本が伸びており、
http://www.treasury.gov/ticdata/Publish/mfh.txt
chinaを追い越しそうな勢いです、chinaは最近米国債を減らしています。
Commented by 誤解をひきおこすように at 2015-02-24 10:11 x
ご覧になられた資料は「故意にではないでしょうが」誤解しやすい比較になっております。普通こういう資料を読む人は一年前だと思ってしまいます。でも一年前ではないんです。
こちらのほうが「正直に?」「誤解のないように」表記されております。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/financial/pdf/kessan2015q3_hosoku.pdf

このぶろぐのこめんとは漢字で「ちゅうごく」と書くと禁止用語なんですねえ・・・、驚きました。
Commented by 米国債の利息も at 2015-02-24 10:41 x
米国債の利息もたかだか2%程度ですので、もし3円程度円高になると利益はなくなってしまいます。ゆうちょ銀行の運用者は今後もしばらく円安・ドル高が続くとみているのでしょうか?対円はさておき、いま米国ドルは他国通貨に対してとても高い状況にあります。これがずっと続けばいいですがねえ。
安定経営というならばいっその事すべて日銀当座預金で運用して0.1%の付利を受け取れば、定期預金の利息は最高でも0.06%ですので、固い固い経営ができると思いますがいかがでしょうか?
Commented by nihonkokusai at 2015-02-24 17:08
いろいろとご指摘、ありがとうございます。国債を売却し、売却資金は日銀の当座預金に残して0.1%で運用するというのは、ある意味当然の流れかと思います。ただ、5年債利回りが0.1%を超えており、今後2年債あたりの利回りも0.1%台となると変わってくるかもしれませんね。もちろん日銀の金融政策の目標であるマネタリーベースの増加に結果として協力している面もあるかと思います。
Commented by かんぽ生命以外の at 2015-02-24 17:49 x
かんぽ生命は日本国債の保有高を減らしていますが、他の生命保険会社はどうでしょうか?たしか昨年暮れの資金循環報告では日銀と生命保険のみが日本国債を増やしており、他の金融機関は減らしております。生命保険全体で減らしているなら、まさに日銀対その他金融機関という構図になります。日銀が年間80兆円買うとすると10年もすると政府発行国債をすべて日銀が保有することになり、それ以上の購入ができなくなるのではと思いますがいかがでしょうか?
Commented by nihonkokusai at 2015-02-25 13:54
民間生保は国債残高は増加させていると思われます。現在でも国債の年間発行額の9割を日銀が購入しており、償還等を考慮すめるといずれ民間金融機関保有の国債をさらに取り崩さないと、日銀は予定購入額を達成するのが難しくなルと思います。ただ、さすがに10年も異次元緩和を続けることは現実的ではないと思います。物価目標達成はさておき、財政ファイナンスのリスクが高まりかねず、長期金利は押さえつけられなくなると思います。
Commented by 年間180兆円 at 2015-02-26 12:36 x
財務省は借換・新発合わせて年間180兆円の国債を発行しています。
https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/hakkou01.pdf
一方日本銀行は国債保有高(購入額ではないところがポイントです)を毎年80兆円増やすと宣言しています。日本銀行保有の国債にも満期を迎えるものがあると思います。実際には日本銀行は年間どの程度の国債を購入しているのでしょうか?80兆+アルファ、のアルファの部分はどの程度なのか教えて頂ければ。
Commented by nihonkokusai at 2015-03-01 15:06
今年度の国債の総発行額は約180兆円ですが、カレンダーベースの市中消化額(毎月入札で発行される国債)は約155兆円です。このカレンダーベースの発行額からは9割程度を日銀が購入すると予想されていますが、このあたりやや弾力的ですので、下記のデータ等を使って償還等をみながらある程度推測するほかありません。

財務省の国債発行計画 http://www.mof.go.jp/jgbs/issuance_plan/fy2015/yoteigaku150114.pdf
日銀の過去の国債買入実績
http://www3.boj.or.jp/market/jp/menu_o.htm
日銀の国債買入
https://www.boj.or.jp/mopo/measures/mkt_ope/ope_f/index.htm/
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー