牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

国債の入札でマイナス金利が発生した理由

 10月23日の国庫短期証券(3か月物)の入札において、最低落札価格が100円00銭0厘0毛、平均落札価格は100円00銭1厘0毛となった。国庫短期証券は割引形式で発行されるため、額面価格の100円を上回るとマイナス金利となる。平均落札利回りはマイナス0.0037%となり、国債の入札として初めてのマイナス金利が発生した。

 国庫短期証券とは、昔は短期国債(TB)や政府短期証券(FB)と呼ばれたもので、現在はこの2つが統合されて国庫短期証券として発行されている。期間は2か月程度、3か月程度、6か月程度、1年程度に分かれている。国庫短期証券は割引形式で発行され、法人のみ購入ができ、個人は買うことはできない。

 すでに既発債の売買で国庫短期証券はマイナス金利で取引されていた。このため、国債の入札におけるマイナス金利も時間の問題とみられていた。たとえば7月10日の3か月物の国庫短期証券の入札前の取引において、すでにマイナス0.002%の出合いがあったのである。

 なぜマイナス金利が発生したのかといえば、日銀が量的・質的緩和、いわゆる異次元緩和によって国債を市場から大量に買い付けているためである。供給よりも需要が大きく、このため金利を払ってまで買う投資家が出てきたのである。

 それはおかしいだろう、金利を払うくらいなら、国債など買わずに現金で持っていれば良いではないかと思う人もいるかもしれない。確かに個人であれば、そうするかもしれない。しかし、個人でも大金を家の金庫に置くには、そもそも金庫が必要であるとともに、盗難の恐れもある。

 これは大きなお金を動かす銀行や生命保険会社、公的年金なども同じであり、しかも金額が数千億円とか数兆円となると現金を保管する場所もない。このため、機関投資家と呼ばれる銀行などはより現金に近い、売り買いのしやすい短期の国債に資金を置いておくのである。

 それでも金利を払ってまでして国債を買わなくても、日銀の当座預金に預ければ超過準備の部分には0.1%の金利を日銀は払ってくれる。日銀の口座に預ければ済むことではないかとの指摘もあろう。しかし、銀行などは担保としてある程度の量の国債を買っておかねばならないし、機関投資家も海外投資家などのように日銀の当座預金口座を持っていないところもあり、このようなニーズがあるため、マイナス金利でも国債を購入する投資家が存在するのである。

 ただし、マイナス金利といっても割引形式の債券なので満期日に100円で償還されるものを100円以上で買い付ける格好となる。投資家が利子を別に払うわけではない。

 この短い期間の国債のマイナス金利は個人の生活には直接影響を与えることもない。日銀の政策金利がマイナスとかにならない限りは、預貯金金利がマイナスとなることは考えられない。参考までに、ユーロ圏の中央銀行であるECBのマイナス金利は、政策金利というよりその下限となる部分がマイナスに掛かったものであり、こちらも政策金利そのものはマイナスではない。

 このため、我々の日常生活に直接影響は出ないものの、短い期間の金利が超がつくくらい低い状態となっており、これは預貯金金利も超がつくくらい低い状態にあることを示す。さらにこれは長めの金利にも少しずつ影響を与えることも考えられる。すでに10年債利回りは0.5%割れとなっており、国債で資金を運用しようにも利子が低い状態が当面続き、その分、住宅ローンなどの金利については低い状態にあるといえる。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-10-23 16:34 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー