牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

「2006年度予算、新規財源債は30兆円割れ」

 日経新聞などによると来年度の新規財源債(赤字国債と建設国債の合計)は29兆9000億円台で財務省が最終調整している模様であり、30兆円も下回る見通しとなってきた。30兆円をもし下回れば2001年度以来5年ぶりとなる。また、一般会計の歳出規模も79兆円台後半とこちらも8年ぶりの低水準となる見通しとか。

 また、国債発行総額も15年ぶりの減少となる模様である。2005年度の発行総額は当初計画は169兆5051億円(新規財源債発行額 34兆3900億円、借換債103兆8151億円、財投債は31兆3000億円)であるが、さらに補正予算で1兆円弱(新規財源債)を減額する方針となっている。2006年度の計画はその減額後をも下回る見通しとなる。

 2006年度の発行総額の見込みは、新規国債発行が上記のように30兆円弱、借換債発行額が110兆円前後、財投債も27.3兆円規模と財投計画の縮減で2005年度の31.3兆円から約4兆円程度減と予想されており、合計で167兆円台となりそうで、2005年度の169兆5051億円を下回ることになる。

 来年度予算の財務省原案は20日に各省庁に内示、24日に政府案を閣議決定する予定となっている。

人気blogランキングに参加しました。クリックご協力いただけるとうれしいです。
[PR]
by nihonkokusai | 2005-12-19 09:45 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー