「ほっ」と。キャンペーン

牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

6月に都銀は債券を買い越し、地銀は利食い売りか

 7月22日に日本証券業協会が発表した6月の公社債投資家別売買高(除く短期債)によると、都銀は3995億円の買い越しとなった。5月の4100億円の買い越しに続き、2か月連続での買い越しとなっていた。国債投資家別売買高をみると5月は主に中期債主体の買い越しとなっていたが、6月は長期債が2011億円、中期債が1440億円の買い越しとなっており、やや期間の長い国債を買い越した格好となった。

 これに対して地銀は1531億円の売り越しとなっていた。国債投資家別売買高によると長期債を5585億円売り越していた。地銀は4月に長期債を8125億円買い越していたが、相場は4月以降、ジリ高傾向となっており、この利食い売りを入れた格好か。

 信託銀行は1兆871億円の買い越しとなり、業態別では最大の買い越しとなった。中期債を9626億円買い越した。信金は6919億円の買い越し。こちらは長期債主体の買い越し。生損保は7680億円の買い越し。超長期債主体に買い越していた。投資信託は6385億円の買い越し。こちらは中期債主体の買い越しとなっていた。

 外国人は715億円の売り越し。超長期債を買い越していたが、それ以上に長期債を売り越していた。

 債券相場は6月も上昇相場が続いていた。6月5日のECB政策理事会で、利下げなどを含むパッケージの追加緩和策を決定し、この影響もあった。10年債利回りは0.6%近辺からさらに水準を切り下げてきた。日中値幅は限られ値動きそのものは小さかったが、水準は少しずつ切り上げ(利回りは切り下げ)られてきた。

 今回の投資家別売買状況をみても、現物債は売り手もいるが、それ以上に各年限で買い手が存在している。さらに日銀による国債買入もあるため、好需給が継続していると言える。

 7月に入り債券相場はさらに上昇し、18日には10年債利回りは一時0.510%まで低下した。すぐに利食い売りに押され0.540%あたりに後退したものの、いまのところ戻り売りも限定的なものとなっている。さすがに10年債の0.5%近くでは高値警戒感も強く、ここがいったん天井となる可能性もある。いまのところ需給バランスが大きく崩れることも考えづらいが、何かしらのきっかけで相場が動くこともありうるため注意したい。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-07-24 09:30 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー