牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

マネタリーベースを増やせば物価は上がるのか

 2日に日銀は6月のマネタリーベースを発表した。マネタリーベースとは日本銀行が供給する通貨のことであり、市中に出回っているお金である流通現金(日銀券発行高と貨幣流通高)と日銀当座預金の合計値となる。

 現在の日銀の金融政策の目標値としているのが、このマネタリーベースである。たとえば金融政策決定会合の公表文を確認すると、昨年4月の量的・質的緩和以前は「無担保コールレート(オーバーナイト物)を、0~0.1%程度で推移するよう促す」となっていた部分が、量的・質的緩和以降は「マネタリーベースが、年間約60~70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調節を行う」に変更されている。

 そのマネタリーベースが6月末に243兆4305億円となり、5か月連続で過去最高を更新した。これはもちろん日銀が金融政策の目標に向けて、大量の国債買入などにより資金供給を行っていることが主因である。また6月は国債の償還月にあたることや、四半期に一度の貸出増加を支援するための資金供給があったことも増加要因となった(日経QUICKニュースより)。

 今更ではあるが、では日銀は何のためにマネタリーベースを増加させているのであろうか。それはむろん消費者物価の前年比上昇率2%の「物価安定の目標」を、2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現するためである。実際に物価目標のコアCPIは今年4月に1.5%まで上昇した(消費増税の影響を除く)。5月はやや下がったものの1.4%となった。ただし、今後は円安などによる物価の押し上げ要因が後退するため、夏にかけて1%近傍あたりに低下する予想となっている。

 マネタリーベースを増やせば物価は上がるのか。これについては日銀のサイトのデータベースから、マネタリーベースと企業物価の前年比を1986年あたりからグラフ化して比べてみたところ、特に関連性はみられなかった。確かに2011年以降は連動しているかに見えるが、それ以前の動きから見るとたまたま重なっているように見える。
e0013821_924297.jpg
 
 マネタリーベースを増やせば期待インフレ率が上がるのか。2日に日銀が発表した短観の「企業の物価見通し」の概要をみると、消費者物価をイメージ(除く消費増税の影響等)が全体では、1年後がプラス1.5%、3年後が1.6%、5年後が1.7%となっていた。コアCPIはすでにプラス1.5%に上昇しているが、短観のデータからは目標値には届いていない。

 マネタリーベースの増加に関わる大量の国債買入が、長期金利の低下を促しているとの見方もある。これについては日銀保有国債の残高と長期金利を時系列で比較してみたが、これも実は関連性は見られない。日本の長期金利は2006年あたりからじわりじわりと低下しており、緩やかな右肩下がりのトレンドとなっている。昨年の異次元緩和以降、急低下していたわけではない。
e0013821_9301735.jpg

 そしてもうひとつ気になることがある。現在、日銀とともに壮大な実験を行っているかに見える欧州中央銀行であるが、こちらは6月の追加緩和で日銀のような量的緩和という手段は取らず、利下げとマイナス金利打ち出してきた。

 ECBも追加緩和の目的は物価を上げることなのであるが、超過準備の付利を含めてマイナス金利を適用した。これはつまり、日銀でいえばマネタリーベースの増加に大きく寄与しているところの日銀当座預金の超過準備を、ECBは増やすどころか削減させることを目的とした。同じ物価上昇を目的としながら、結果としては正反対のことをしているのが日銀とECBといえる。どちらが正しいのか、これぞまさに壮大な実験場と言える。問題は両者ともその実験による副作用となる。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-07-03 09:24 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー