牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

サプライズなき日米の金融政策の理由

 4月30日の日銀金融政策決定会合では、全員一致で現在の金融政策の維持を決定した。発表された展望レポートでは、今回から2016年度の見通しが加わることで、特にCPIの見通しが注目された。その中央値は2.1%となっており、2014年度が1.3%、2015年度が1.9%とそれぞれ1月時点の見通しと変化なく、日銀の2%の物価目標に向けて順調に上昇していくと言うシナリオ通りの数値となっている。

 ただし、この数値には消費増税の影響は加味されておらず、それを加味すると2014年度で3.3%、2015年度で2.6%、2016年度で2.8%となっている。消費者の実感としてはこちらが意識されるものと思われるが、4月の東京都区部のコアCPIはすでにプラス2.7%となっていた。

 物価が日銀の想定通りまで上がらないとしても、果たして一部の市場関係者を除いて、これ以上、物価を上げようとする日銀の政策を国民は支持するであろうか。日銀が追加緩和をすれば円安となり株高となるという保証はない。二番煎じは逆効果になることも多々あった。いたずらに日銀がリスク資産の保有を増やしたり、一歩間違えると財政ファイナンスと受け取られかねない国債の買入増額は、むしろリスクを増加させることにもなりかねない。日銀とすればこのまま金融政策の現状維持を続けていきたいというのが本音ではなかろうか。むろんFRBの様子を見ながらの出口政策も意識していようが、それを口に出すことも現状は許されない状況にある。

 そのFRBであるが、29日から30日にかけてFOMCが開催された。予想通り、5月から毎月の国債とMBSの購入額を現行の550億ドルから450億ドルに減額することを決めた。FRBは昨年12月に毎月の購入額を850億ドルから750億ドルに減少させてテーパリングを開始した。1月には650億ドルに縮小。3月に550億ドルに減少させ、今回4月に450億ドルとした。

 今後は6月17~18日に350億ドル、7月29~30日に250億ドル、9月16~17日に150億ドル、10月28~29日に150億ドルを一気に減らしてゼロとすれば、秋のうちに終了することが予想される。特に何かしらのリスク要因でも出ない限りはテーパリングは着々と進められよう。

 FRBのイエレンFRB議長は3月の就任後初めての記者会見で、緩和終了後、半年程度での利上げを示唆したが、その後の講演等では具体的な言及を控え、用心深い発言をすることで市場の早期利上げ観測を薄めさせようとしていた。今回のFOMCの声明文には目新しい表現はとくに盛り込まれていなかったが、FRBとしてはテーパリングを開始した時点での方針を変えているわけではない。つまりこれは出口政策であり、その先にあるのは実質的なゼロ金利政策の解除、つまり利上げとなっていることは確かであろう。

 日銀もFRBも今後の金融政策の行方については、とにかく市場に何らかの示唆を与えることを手控えてくることが予想される。30日の黒田総裁の会見では、前回の会見で追加緩和についての質問に対して「現時点では考えていない」と答えていたが、今回は同様の発言は封印している。これは市場に対して追加緩和の期待を持たせるというよりも、市場が勝手に思い込んでくれるのであればそれはそれで良しとし、せっかくの期待を現時点で損なう必要はないとの判断ではなかろうか。これは市場での利上げへの懸念を後退させようとのFRBの動きも同様かと思われる。

 日米ともに足元景気はしっかりしており、日本は物価が上がりつつある半面、米国の物価は抑えられている。百年に一度(二度?)とされた世界的なリスクも後退し、現状はウクライナ情勢等、懸念すべきものはあるが、百年に三度目のリスクが生じるほどの気配はない。だからこそ、いまの金融政策はサプライズなどは極力控え、金融政策への市場の期待依存度を少しでも軽減させていこうとするタイミングとなっているのではなかろうか。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-05-02 09:20 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー