牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

3月に都銀は債券を再び売り越し

 21日に日本証券業協会が発表した3月の公社債投資家別売買高(除く短期証券)によると、都銀は6024億円の売り越しとなった。都銀は昨年4月の日銀の量的・質的緩和導入以降、売り越しが続いていたが、2月は11か月ぶり買い越しとなっていた。しかし、3月は再び売り越しとなった。

2014年3月の公社債投資家別売買高(除く短期債)、プラスが投資家の買い越し
日本証券業協会のデータより、単位は億円

都市銀行 -6024、地方銀行 6291、信託銀行 2329、農林系金融機関 12133、第二地銀協加盟行 -1173、信用金庫 6729、その他金融機関 3246、生保・損保 8361、投資信託 6071、官公庁共済組合 200、事業法人 1556、その他法人 3452、外国人 4945、個人 -167、その他 -33,954、債券ディーラー -109

 国債投資家別売買高から年限別(中期・長期・超長期、ただし発行時のもの)で見てみると、都銀は超長期債を2585億円売り越し、長期債を2兆3987億円買い越し、中期債を2兆7946億円売り越している。中期債から長期債に乗り換えながら、全体の残高は落としている格好となった。

 都銀以外のいわゆる機関投資家は買い越しとなっており、特に買い越し額が大きかったのが、農林系金融機関の1兆2133億円。国債の年限別でみると超長期を6108億円、長期を5087億円、それぞれ買い越している。次ぎに買い越し額が大きかったのが生損保の8361億円の買い越しで、こちらは超長期を4017億円、中期を3070億円買い越していた。続いて、信金が6729億円、地銀が6291億円、投資信託が6071億円の買い越し。外国人も4945億円の買い越しとなった。

 3月の日本の債券相場は10年債の利回りで0.6%近辺、債券先物で145円を挟んでの動きとなり、方向感に乏しい展開が続いていた。ウクライナ情勢の緊迫化による地政学的リスクの増加や、イエレンFRB議長による利上げの時期に関する発言等はあったが、円債のトレンドが変わるようなことはなかった。

 日銀による国債買入は続き、都銀はポジションを落としながらデュレーションを調整している。他の機関投資家は淡々と残高を積み増している格好となっている。債券相場の上値が重いのは米債の下落などもあるが、10年の0.6%割れでは高値警戒感も強い。しかし、3月の投資家動向を見ても、投資家の買い需要は強いように思われ、押し目では着実に買いが入る。これが現在の債券相場の膠着状態を生み出している。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-04-22 09:09 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31