牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

米失業率が目標に接近しFRBもガイダンスを変更か

 米国のFOMCでは会合終了後に声明文が公表される。この声明文には、基本的な見解、政策決定内容、それに関する各FOMCメンバーの政策決定にかかる賛否といったものが記されている。会合の約3週間後にFOMCの議事要旨(Minutes)が発表され、議事録(Transcript)は5年後に公表される。

 日銀の金融政策決定会合も終了後に公表文が発表される。会合の約1か月後に議事要旨が発表され、さらに10年後には議事録が公表される。

 2月19日に2013年1月28~29日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表された。Minutesという用語の訳として「議事録」との言葉が使われることがあるが、日銀の「議事要旨」と「議事録」は、FOMCのMinutesとTranscriptに該当するとすれば、このFOMCのMinutesは議事要旨と訳しておいたほうが理解がしやすいと思われる。

 そのような細かい指摘はさておき、1月28~29日のFOMCはバーナンキ議長としては最後のFOMCとなる。すでにテーパリングは12月の会合で2014年1月から開始することが決定されたが、1月の会合でもさらなる量的緩和の縮小が決定された。

 気候の影響を受けたにせよ12月の雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比7.4万人増と市場予想を大きく下回り、1月の雇用統計でも非農業部門雇用者数が前月比11.3万人増に止まった。このあたりをどのように捉えていたのかも注目されたが、FOMCの議事要旨によると、大半のFOMCメンバーが米国の経済成長と雇用の先行きに「より強い確信」を表明し、量的緩和の緩やかな縮小を支持した(日経新聞電子版より)。

 どうやら足下の非農業部門雇用者数の減少は置いといて、昨年10、11月の非農業部門雇用者数が月20万人増の規模に達したことや、失業率が下がったことなどを理由に、量的緩和策のさらなる削減を決定したようである。

 たしかに米国景気そのものは回復基調にある。ただし、気候の変動の影響を受けて、それがここにきての米経済指標にも現れてきている。それでも失業率は低下傾向にあり、物価も落ち着いていることを理由に、今後も淡々とテーパリングを継続させていくものと思われる。

 さらに議事要旨によると「比較的早期にFF金利の引き上げが適切であるとの可能性を挙げた」当局者が数人いたことも明らかとなった。2月7日に発表された1月の米失業率は6.6%と、目安としていた6.5%に迫っている。

 2012年12月12日のFOMCで少なくとも2015年半ばまで低金利を維持するとの文面が声明文から削除され、その代わりに米失業率が6.5%を上回り、向こう1~2年のインフレ率が2.5%以下にとどまると予想される限り、政策金利を低水準にとどめる、という数値のガイダンスに変更された。いわゆるフォワード・ガイダンスと呼ばれるものである。その目安に接近し、フォワード・ガイダンスを変更することが近く必要となるとの見方も出ていた。

 米失業率が6.5%になれば、利上げが意識されることになる。もちろん自動的に利上げするわけではないが、市場でも当然、そのような思惑も出やすくなる。やっとテーパリング開始に漕ぎ着けたところであり、市場があまり先んじて動いてしまうと、株式市場の下落等も招かねず、このあたりに配慮する必要もあるのであろう。

 そういえばイングランド銀行も、2013年7月に総裁がキング氏からカーニー氏に変わり、8月のインフレレポートの発表時に、失業率が7%に低下するまで政策金利を過去最低の0.5%から引き上げる検討はしないとして、フォワード・ガイダンスを導入することを発表したが、半年あまりではやくもフォワード・ガイダンスの修正を行うそうである。すでに目標としてきた失業率が7%近くまで下がってきたことで、新たな枠組みで金融政策を判断するそうである。

 このあたり金融政策の本来の目的と形式上の目的の違い、さらに市場への影響とともに、物価などにも配慮することも必要となり、なかなか難しい手綱裁きが求められている。ここでも金融政策はそもそも何のために、何をしようとしているのかを考えさせるものとなる。本来市場対策で行ってきたはずの非常時の緩和策ではあったが、その収束を金融政策の目的のひとつである雇用(FRBやBOE)に無理矢理結びつけると無理も生じる。これらの動きを見ても、ただ物価を目標値まで上げるためとして大胆な金融緩和(主に巨額の国債買入)を行っている某中央銀行の矛盾は今後、さらに広がるばかりとなろう。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2014-02-21 09:45 | 中央銀行 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー