牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

消費増税と国債への信認

 10月1日に政府は1日の閣議で、来年4月の消費税率8%の引き上げを決定した。消費増税については、反対派と賛成派がはっきりと別れていた。アベノミクスでリフレ派の意向を取り入れてきた安倍首相も慎重であったようだが、増税延期には新たな法律の成立も必要であり、来年度の消費増税による増税規模とほぼ規模の経済対策を盛り込むことで、決断せざるを得なかったものと思われる。

 リフレ派の多くは、せっかく日銀がリフレ政策を実行してデフレからの脱却を目指しているなかにあり、それに水を差すような増税は「デフレと景気低迷の深い谷へと逆戻りしてしまう」(安倍首相)との懸念を主張していた。ただし、リフレ派のなかには山本幸三議員のように「デフレ脱却と消費税率引き上げは関係ない」と述べ、予定通りの消費増税を進めるべきとの主張もみられた。山本氏は「デフレは貨幣現象であり、貨幣を増やせば自動的に脱却する。日銀が一生懸命にやっているのでそれを進めればいい」と増税慎重論をけん制したそうだが(ブルームバーグ)、リフレ派には与しない私でもこの主張はその通りであると思われた。

 消費増税を先送りすれば、政府の財政規律を守る姿勢に対する懸念が強まることが予想され、特に日銀が大規模な国債買入を行っていることもあり、長期金利の上昇を招くことが予想される、というのが増税賛成派の主張であった。これは私もその懸念を訴えてはいたが、現実として消費増税が先送りされたとしても、足下の長期金利が急上昇するという可能性はそれほどは高くなかったのではなかろうか。

 4月4日に現実にリフレ政策を日銀が実施しても、翌日の長期金利の乱高下はあったものの、これはあくまでメガバンクによるかなりまとまった利益確定売りが入ったためとみられた。その後は流動性への懸念も出て債券相場の相場変動は大きくなったが、長期金利の上昇は1%に止まった。消費増税は予定通り実施されるであろうとの予想も背景にあったとみられるが、かといって先送りされても国債の下落は一時的なものと収まった可能性は高い。

 しかし、いずれこれがボディーブローのように効いてくることが予想され、何かしらのきっかけで日本の長期金利が急騰するリスクを高める結果となる可能性がある。黒田日銀総裁が必死に消費増税の予定通りの実施を求めていたのも、そのリスクを意識していたことが背景にあると思われる。

 問題なるのは実は来年4月の消費増税よりも、2015年10月の10%への引き上げではなかろうか。QUICKの7月に行われた債券市場関係者への月次調査消費増税によると、消費税の引き上げについて「予定通り2回引き上げられる」との回答が67%、「1回目は予定通りだが、2回目は先送り」との回答が29%あった。ちなみに1回目から先送りとの回答は4%しかなかった。主に国債を主体とした債券売買に直接関係している人達によるこのアンケート結果は興味深い。安心して国債を売買するためには、国債への信認維持が必要不可欠であり、消費増税の先送りは可能な限り避けてほしいところであるが、2度目は先送りとの回答が3割近くあった。

 消費税再引き上げのタイミングもまた微妙である。2015年10月となれば、2013年4月に2年以内にコアCPIを2%に引き上げるとした日銀の異次元緩和の結果も明らかとなる。さらに2015年9月に自民党総裁の任期が切れる。安倍総裁も再度総裁選に望むことが予想されるが、そのときの焦点が消費増税の再引き上げとなる可能性がある。日本国債にとっての正念場となるのは東京オリンピックが開催される2020年かと思っていたが、2015年10月も大きな正念場となる可能性がありそうである。

拙著「聞け! 是清の警告 アベノミクスが学ぶべき「出口」の教訓」、発売中です。


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2013-10-04 09:06 | 国債 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー