牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

コレキヨ相場

 幸田真音さんの新刊「天佑なり」(上下巻、角川書店)が6月5日に発売された。副題は「高橋是清・百年前の日本国債」となっているように、高橋是清の一生を描いた小説である。これは新聞小説を単行本化したものであるが、幸田さんらしく非常にタイムリーである。

アマゾン「天佑なり」上巻

 麻生財務相は4月19日のワシントンDCの講演で、「1930年代初頭に、日本でケインズ経済学的な政策を行った人物がいます。それが高橋是清です。彼は20世紀初頭に財務大臣を6度、総理を1度務めました・・・彼は、まさに、いま私たちがしていることをやって日本を救いました。」と述べている。

 幸田さんによると現在の日本市場の動き、つまりアベノミクスの影響を受けたとされる円安・株高を「コレキヨ相場」と呼ぶヘッジファンドもいるそうである。

 1929年10月24日の「暗黒の木曜日」と呼ばれたニューヨーク株式市場の急落をきっかけに発生したのが大恐慌である。このために米国が打ち出した政策が1933年3月のニューディール政策というのは歴史の教科書にも書かれている。それよりも早く、世界最速で不況から脱した国があった。それが日本であり、その立役者となったのが高橋是清であった。

 日本の金解禁が遅れ、まさに大恐慌の渦のなかで、1930年1月に旧平価により金輸出を解禁し、日本の景気も急速に悪化する。当時の井上準之助蔵相は緊縮財政へ転換したこともあり、のちに井上デフレと呼ばれた深刻な不況に突入することになる。

 1930~1931年の日本の名目成長率ではマイナス10%に近い大きな落ち込みとなっていた。ところが1932年に政権交代があり、再び蔵相として登場した高橋是清が、金輸出禁止と円安放置、低金利政策、拡大財政政策等々、高橋財政と呼ばれる政策を打ち出すことにより、円安・株高を招き、実体経済も急回復した。

 高橋財政がスタートした1932年からは名目成長率はプラスに転じ、1933年から1934年にかけては10%を上回る。実質成長率をみても1930~1931年はほぼ横ばい、1932年は4%台となり、1933年から1934年にかけては8~10%という高い成長率を示した(日銀百年史より)。

 アベノミクスの効果については、今後の景気・物価の動向を確認しなければ何とも言えないが、「衝撃と畏怖」により円安を促進させ、急激な株高を招いたことは確かである。この点は高橋財政と似ている。高橋財政時もあまりに円安が進んでしまい、景気への悪影響も心配されたあたりも似ている。また、高橋財政時は満州事変などもあり、先行き不透明感も強く、期待で株は上がっていたものの、本当に景気が上向くのか疑心暗鬼だったようである。高橋財政がスタートしたのは1931年12月だが、実際に景気が上向いてきたのは1932年の夏頃であった。アベノミクスのスタートは2012年11月であり、時間的にはそろそろその効果が出始めてもおかしくはない。

 ただし、昭和初期にコレキヨ相場は起きたものの、今回はコレキヨのように日本の景気回復を起こさせ、結果としてデフレからの脱却は可能なのであろうか。私自身はアベノミクスと高橋財政と比較すると、いまだ非常に疑心暗鬼なのではあるが。

「牛さん熊さんの本日の債券」がヤフー・サイトにてご覧いただけるようになりました(月額1050円)。朝と夕方に牛さんと熊さんの会話形式で債券市場を中心とした金融市場の動きをお伝えします。昼にはコラムを1本配信しています(このコラムは翌日にブログ等にアップされますが、一日前にお読みいただけます)。お申し込みは私のヤフーの個人ニュース・サイト「久保田博幸の金融への道案内 」(http://bylines.news.yahoo.co.jp/kubotahiroyuki/)からお願い致します。




*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2013-06-06 09:50 | アベノミクス | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31