牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

異次元緩和受けて誰が国債を売買していたのか

 日本証券業協会は5月20日に4月の公社債投資家別売買高を発表した。日銀は4月4日の金融政策決定会合で「量的・質的金融緩和の導入」を決めたことをきっかけに、債券相場は乱高下していた。この際に投資家がどのような動きを見せていたのか、これによりある程度把握できるかと思われる。

 最大の売り手は都市銀行となっていた。中長期債主体に売り越しており、売越額は2兆7971億円。これを国債の投資家別売買高でみると、超長期は1513億円の売り越し、長期は1兆5005億円の売り越し、中期は1兆517億円の売り越しとなっていた。3月の都銀による長期債の買越額が2兆7924億円となっており、期が変わり、異次元緩和による一時的な利回り低下もあり、利益確定売りを入れたものと思われる。

 ほかに売り越していたのは農林系金融機関で、7865億円の売り越しに。こちらは超長期を2981億円売り越し、長期を3175億円売り越し、中期は328億円買い越しとなっていた。

 買越額が大きかったのは、地方銀行(+1兆8852億円)や信託銀行(+1兆6261億円)、その他金融機関(+1兆4601億円)となっていた。地銀は超長期を1346億円、長期を9065億円、中期を4832億円、それぞれ買い越していた。信託は超長期を4189億円、中期を1兆2047億円買い越していたが、長期は2625億円の売り越しに。その他金融機関は中期債を1兆812億円買い越していた。

 生保・損保は2413億円の買い越しに止まっていた。超長期は574億円の買い越し、長期は2629億円の売り越し、中期は2572億円の買い越しに。生保による超長期債の買越額が1000億円を割り込んだのは、2009年5月以来となる。生保による超長期債の売買高は4月以前と比較して落ち込んだわけではないが、4月5日に20年債、30年債の利回りは1%割れとなり、いったんは戻り売りも入れたものと思われる。

 外国人は7157億円の買い越し。超長期を6428億円買い越し、長期は1兆2809億円のこちらは売り越し、中期債は1兆3621億円の買い越しとなっていた。超長期債の最大の買い越しはこの外国人であった。

「牛さん熊さんの本日の債券」がヤフー・サイトにてご覧いただけるようになりました(月額1050円)。朝と夕方に牛さんと熊さんの会話形式で債券市場を中心とした金融市場の動きをお伝えします。昼にはコラムを1本配信しています(このコラムは翌日にブログ等にアップされますが、一日前にお読みいただけます)。お申し込みは私のヤフーの個人ニュース・サイト「久保田博幸の金融への道案内 」(http://bylines.news.yahoo.co.jp/kubotahiroyuki/)からお願い致します。

*** 「牛さん熊さんの本日の債券」配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」では毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。ご登録はこちらからお願いいたします。

ヤフー版(サイトでお読み頂けます)
まぐまぐ版(メルマガでお読み頂けます)
BLOGOS版(メルマガでお読み頂けます)

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2013-05-21 09:18 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー