牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

日銀の独立性がなくなる日

 安倍政権のアベノミクスは、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略が三本の矢としています。この三本の矢の中で真っ先に放たれたのが金融政策への矢であり、それは日銀に向けられました。日銀は1月の決定会合で2%の物価目標を設定しましたが、それには安倍首相が日銀法改正を示唆するなどの圧力を掛けられた結果でもあります。圧力をかけないと日銀は動きません。日銀が動くような圧力をかけた結果、円安が進んで株が上がったということになるのでしょうか。

 日銀は1月の会合で追加緩和は決定下が、それは来年に向けた基金による買入を決めただけであり、現在の緩和政策の期間がやや延びる程度のものでしかありません。2%の物価目標についても、フレキシブルなものと日銀は考えているように思われます。ところが、日銀の姿勢が変わったと見なされるだけでも円安要因になるのでしょうか。そもそも今回の円安はアベノミクスが主因なのかという問題もあります。今後、円安の勢いが止まればさらなる緩和圧力が日銀にかかる可能性も出てきます。

 これまでの金融の歴史を辿れば、中央銀行に独立性を与えることで政府への信認が強まるとの認識が出来つつあり、それが欧米での共通認識になっています。だからこそハンガリーで中銀の独立性が危惧されただけで、まるで内政干渉のような動きがあったのです。

 アベノミクスはたしかに成功しているかに見えますが、それとともに日銀の独立性が今後は危ぶまれる懸念が強まってきます。それによって何が起きるのでしょうか。日銀の独立性がなくなる日は本当に来るのかでしょうか。日銀ができること、やって良いこと、ではなく、日銀にはできないこと、さらにやってはいけないことをしっかり認識することがいまこそ私たちにとっても重要ではないでしょうか。

 日銀の独立性がなぜ重要なのかを解き明かすため、書き下ろしたのが「日銀の独立性がなくなる日 [Kindle版]」です。ぜひご一読いただけるとうれしいです。キンドルの端末でダウンロードいただくか、スマートフォンやタブロイドでもキンドルのアプリでダウンロードできます。定価は250円です(こちらでの無料キャンペーンはいまのところ予定しておりません)。

「日銀の独立性がなくなる日 [Kindle版]」

第一章 日銀が2%の物価目標を導入した理由

1-1 デフレの原因と日銀の金融政策
1-2 金融政策でデフレは解消できるのか
1-3 伝統的手段と非伝統的手段
1-4 インフレターゲットとは何か
1-5 2%の物価目標の導入と共同声明
1-6 アコードの意味
1-7 フレキシブルなインフレ・ターゲット

第二章 中央銀行の独立性強化は歴史の流れ

2-1 日本銀行の設立
2-2 日銀法の制定と1949年の一部改訂
2-3 1998年に改正日銀法が施行された理由
2-4 インフレファイター・ブンデスバンク
2-5 イングランド銀行の政府からの独立
2-6 FRBの独立性は実績の積み重ねにより定着
2-7 ECBは世界一独立性の強い中央銀行

第三章 日銀法改正はなぜ危険なのか

3-1 日銀法改正を主張する政治家達
3-2 日銀法には書かれていない独立性との言葉
3-3 中央銀行に独立性が必要な理由
3-4 禁じられた中央銀行よる国債引受
3-5 高橋是清を襲った悲劇
3-6 打ち出の小槌はない
3-7 中央銀行の独立性を奪ったハンガリーで起きたこと

第四章 日銀の独立性が失われることによるリスク

4-1 日銀への恫喝が続くことへの怖さ
4-2 政府・日銀が出した共同文書の舞台裏
4-3 日銀総裁人事
4-4 英国に学ぶべき中央銀行総裁人事の在り方
4-5 円安株高の主因はアベノミクスではない
4-6 長期金利の動向に注意
4-7 リフレ派のリスク

 キンドルの電子書籍にて書き下ろしました「日銀の独立性がなくなる日 [Kindle版]」(定価250円)、是非、読んでみてください。
「日銀の独立性がなくなる日 [Kindle版]」


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp
[PR]
by nihonkokusai | 2013-02-04 13:05 | 日銀 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー