牛さん熊さんブログ

bullbear.exblog.jp ブログトップ

11月の債券市場における投資家の動き

 12月20日に日本証券業協会は11月の公社債投資家別売買高を発表した。これによると短期国債を除くベースで、都銀は2647億円の売り越しとなり2か月連続での売り越しとなった。

 それに対し、地銀が2359億円の買い越し、信託銀行が4686億円、農林系金融機関も6521億円、第二地銀が1395億円、信用金庫は1327億円のそれぞれ買い越しとなった。

 生保は9110億円の買い越し、そして海外投資家も9080億円の買い越しとなっていた。

 国債の投資家別売買高でみると、都銀は超長期債を3794億円売り越し、中期債を1618億円買い越していた。10月には期初の益出売りが入っていたとみられるが、11月はデュレーションの短期化を図っていたようである。

 地銀は超長期債を417億円、そして中期債を1779億円買い越し、長期債を2714億円売り越していた。信託銀行は超長期債を4060億円の買い越し。農林系金融機関は超長期を3683億円、長期債を1104億円、中期債を910億円それぞれ買い越し。

 生保は超長期債を8131億円の買い越し。そして外国人は長期債を3592億円、中期債を4687億円買い越していた。

 11月の債券相場そのものは上昇基調となっていたものの、都銀は2か月連続での売り越しとなり、かなり慎重姿勢となっていたようである。ただし、超長期債への都銀からの売りはあったものの、引き続き生保や農林系金融機関などが買い越しとなり、債券市場の需給はしっかりしていた。

 債券先物の日足チャートを見ると、11月は主に144円台でのジリ高の展開となっていた。10年債利回りも月初の0.785%から月末には0.710%まで低下していた。ただし、超長期債については月初と月末の水準にあまり変化なく、生保や信託銀行は押し目買い主体の動きであったと思われる。

 ちなみに11月の短期債の売買高をみると、外国人がこの月も13兆9265億円の買い越しとなっていた。10月の12兆1459億円、9月の13兆2681億円、8月の12兆3960億円、7月の14兆1707億円、6月の11兆4585億円、5月の11兆6562億円と、外国人は昨年10月以降、10兆円を超える短期債の買い越しを継続させていた。

 キンドルの電子書籍にて書き下ろしました「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」(定価300円)にも日銀の国債引受のリスクについて書いてます。是非、読んでみてください。

「超低金利時代の終わり -そして、日銀による国債引受のリスク-」


*** 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ配信のお知らせ ***

 「牛さん熊さんの本日の債券」メルマガ、通称、牛熊メルマガでは毎営業日の朝と引け後に、その日の債券市場の予想と市場の動向を会話形式でわかりやすく解説しています。10年以上も続くコンテンツで、金融市場動向が、さっと読んでわかるとの評判をいただいております。昼にはコラムも1本配信しています。毎営業日3本届いて、価格は税込で月額1050円です。登録申込当月分の1か月は無料でお読み頂けます。ご登録はこちらからお願いいたします。

BLOGOS版「牛さん熊さんの本日の債券」
まぐまぐ版「牛さん熊さんの本日の債券」

講演、セミナー、レポート、コラム執筆等の依頼、承ります。
連絡先:adminアットマークfp.st23.arena.ne.jp


[PR]
by nihonkokusai | 2012-12-22 10:53 | 債券市場 | Comments(0)
line

「債券ディーリングルーム」ブログ版


by nihonkokusai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31